印刷版   

ロックミュージシャン、早死にする傾向=英研究

 ロックミュージシャンは、一般の人よりも、高齢期を迎える前に死ぬ傾向があるという研究結果が明らかになった。英リバプール・ジョン・ムーアズ大の公衆衛生センターの研究チームが、専門誌「Journal of Epidemial Community Health」で発表した。

 同チームは、エルビス・プレスリーからエミネム世代にいたるまで、主に英国と北米を拠点とする1000人余りのミュージシャンを対象に調査。その結果、一般集団と比べて早死にする確率が2─3倍高い傾向にあったという。

 同調査によると、1956年─2005年にかけて、1064人のミュージシャンのうち100人が死亡。死因の25%以上は、薬物やアルコール乱用に関連したものだった。

 研究を率いたマーク・ベリス氏は「この論文は、ロックやポップ界のスターがアルコールや薬物に関連した死の危険に過度にさらされていることを明らかにしている」とコメント。

 同氏はまた、米ロックギターリストのジミ・ヘンドリックスなど他界したミュージシャンの例を引き合いに出し、有名になってから5年以内が危険であり、死亡する確率が通常の3倍以上になると指摘した。

[ロンドン 4日 ロイター]

 (07/09/05 08:55)  





■関連文章
  • E・プレスリー没後30年、大勢のファンが墓参り(07/08/16)
  • 米アラバマ州、11歳少女が飲酒運転でスピード違反(07/07/09)
  • ゲームのやり過ぎは中毒症状ではない=米専門家(07/06/26)
  • S・スタローン、豪州への薬物持込みで有罪認める(07/05/16)
  • 薬物駆除された野ねずみが料理に、佛山市全面禁止発令=中国広東省(07/04/06)
  • 中国のドーピング、アマ選手にも浸透=北京五輪組織委(07/01/19)
  • アルコールによる脳へのダメージ、回復は可能=研究(06/12/19)
  • 人気パンク・ロックバンド、歌で中国人権弁護士・高智晟氏を救援(06/12/18)
  • 英ランク・グループ、「ハードロック・カフェ」を米先住民企業に売却へ(06/12/08)
  • 米女優K・ハドソン、ロック歌手C・ロビンソンと破局(06/08/15)
  • 米俳優ロビン・ウィリアムズ、アルコール依存症の治療(06/08/10)
  • パトリック・スウェイジ、窮地の友メル・ギブソンを擁護(06/08/08)
  • 「国際薬物乱用・不正取引防止デー」、中国の深刻な事情(06/06/27)
  • 真善忍国際美術展 作品鑑賞の解説(05/08/29)
  • 北朝鮮が中国に大量の不法薬物を密輸(05/08/11)