印刷版   

2月8日、英警察は、暗殺されたパキスタンのブット元首相の死因が爆発による頭部強打だったとの報告書を発表。写真は昨年12月、演説を行うブット氏(2008年 ロイター/Asim Tanveer)

パキスタンのブット元首相、死因は爆発による頭部強打=英警察

[イスラマバード 8日 ロイター] パキスタンのブット元首相暗殺事件の捜査を行っていた英警察が8日、死因は爆発による頭部強打であり、被弾によるものではなかったとの報告書を発表した。

 報告書はまた、昨年12月27日にブット氏が選挙演説を行って帰る際、1人の人物が銃と爆発物で攻撃したことがあらゆる証拠によって示されたと指摘。2人の人物による攻撃という従来の見方を否定した。

 (08/02/09 15:06)  





■関連文章
  • 中国の投資家、株価下落を止めようと警察に電話(08/02/04)
  • UFO撮影ビデオに宇宙人の影=トルコ(08/01/31)
  • パキスタン総選挙、公正な選挙実現に向け努力=米国務次官補(08/01/30)
  • パキスタン当局、ブット元首相暗殺事件に絡み2人を逮捕(08/01/21)
  • 英首相、テロとの戦いでインドに協力強化を要請(08/01/21)
  • インド首相の訪中、ライバル中国と共通認識を模索か(08/01/12)
  • 英タブロイド紙「サン」発行部数、300万部割り込む(08/01/12)
  • パキスタン、核兵器監視団の懸念を否定(08/01/10)
  • 動乱のパキスタン、テロとの戦いの渦中に(08/01/08)
  • ブット元首相暗殺が残す疑惑=ムシャラフ政権と中国の関係(08/01/05)
  • 英国:ノロウイルス大流行、毎週10万人感染(08/01/04)
  • パキスタン総選挙、2月18日に延期(08/01/03)
  • ブット後継19歳長男に、混迷のパキスタンに民主の真空埋める(08/01/03)
  • パキスタン選管、混乱受け総選挙を延期する方針(08/01/02)
  • 中国天津:地元有力者の横暴ぶり、大学生らが抗議の暴動(07/12/30)