印刷版   

ストーンヘンジはいつ作られたのか(Scott Barbour/Getty Images)

ストーンヘンジの発掘に着手=英国

 【大紀元日本4月2日】英国南部にそびえ立つ謎の巨大石群ストーンヘンジは、一体いつ建てられたのだろうか。考古学者らが先月、発掘に乗り出した。ロイターが伝えた。

 ロンドンから130キロ南西のソールズベリー平野に位置するストーンヘンジは、重さ数十トンもする大砂岩とそれより小さいブルー・ストーンが環状に並ぶ巨石遺跡。夏至の日に、ヒール・ストーンと呼ばれる高さ6メートルの玄武岩と、中心にある祭壇石を結ぶ直線上に太陽が昇る。この遺跡の目的については、太陽崇拝の祭祀場であったとする説や、古代の天文カレンダーとする説、また伝説の魔女マーリンが巨人に作らせたのだとする説など様々だが、いまだ結論は出ていない。

 考古学者ティム・ダービル氏(Tim Darvill)とジェフ・ウエインライト(Geoff Wainwright)氏は、ストーンヘンジの最初の石とされるブルー・ストーンの周りを掘り、カーボン測定法で土壌の花粉や貝殻などを調べるプロジェクトに着手した。これにより、ストーンヘンジが建てられた年代をより詳しく調査できる。

 「ストーンヘンジがなぜ立てられたのかを知りたければ、ストーンヘンジの最初の石であるブルー・ストーンが持ってこられた場所、250キロメートル先のプレシリの丘に目を向けなければならない」と2週間にわたる発掘の始まりと同時にウエインライト氏は語った。

 プレシリの丘を広範囲に調査してきた両氏は、ブルー・ストーンには神秘的なヒーリング・パワーが秘められていると信じ、ストーンヘンジは古代のヘルス・スパだったと主張している。ダービル氏は、ストーンヘンジを、「魂と身体の癒しの場所」であると述べ、今回の発掘でそれが立証できることを期待している。

 ストーンヘンジは、5,000年前に立てられたとされているが、それよりも更に古い墳墓が同遺跡の周りでたくさん見つかっている。

 
(翻訳/編集・田中)


 (08/04/02 10:08)  





■関連文章
  • 英国:8000年前の海底遺跡発見、高度な技術有していた可能性(07/08/29)
  • 女子大生、5000年前のチューインガムを発見=フィンランド(07/08/25)
  • 世界最古の国際大学・ナーランダ寺院、再建へ=インド(07/08/10)
  • 石見銀山、豪オペラハウスなどが世界遺産に(07/06/30)
  • 英国:夏至の日、ストーンヘンジの日の出に、2万人以上集まる(07/06/23)
  • 川底に消え行く古鎮、龔灘(07/04/22)
  • ‘瀕死’の世界遺産 万里の長城も(06/06/15)
  • インドネシア:火山噴火遺跡から、「アジアのポンペイ城」を発見か(06/03/05)
  • 中国河南省:巨大遺跡を発見、ポンペイ遺跡に匹敵(06/02/23)
  • シルクロード:  遺跡の9割、潰滅の危機(05/09/06)
  • 胡同:消えゆく、北京情緒溢れる町並み(05/08/06)
  • 調査:万里の長城、三分の一もはや存在しない(05/07/10)
  • 二億年前「靴の跡」化石、何を物語っているのか(05/05/07)