印刷版   

夜間検問所大量設置、五輪開幕まで警備強化=北京

 【大紀元日本5月11日】北京五輪を準備するために、北京市はこのほど、大規模の夜間検問所を設けた。情報筋によると、北京市朝陽区だけで151箇所あり、そのうちの22箇所は警察犬付きだという。

 海外メディアによると、警察は、夜間で行動する疑わしい人および車両に対して検問を行い、身分証明書や車の免許証を提示させ、地方から来た人の場合は、一時滞在証明書の提示を求める。証明書類は不備の場合に、警察は検問相手の身分が明らかになるまで調査するという。

 北京市公安局の傅政華副局長は「警察各部門の連携行動は、8月8日の五輪開幕前まで継続し、全市にわたる」と強調した。

 
(翻訳/編集・余靜)


 (08/05/11 08:33)  





■関連文章
  • 五輪トーチリレー:香港民間団体、警察の対応を非難(08/05/10)
  • 中国手足口病感染者1万6千人に急増、死者28人(08/05/08)
  • 中国・青島:大学で肺結核感染続出、情報開示求める学生(08/05/08)
  • 中国:四大軍区の総力挙げ、五輪安全確保の任務(08/05/05)
  • 中国当局、カルフール不買運動にブレーキか(08/05/05)
  • チョモランマ大雪、五輪トーチ登頂リレー難航(08/05/05)
  • 「世界報道自由の日」、中国の報道制御を非難=香港(08/05/05)
  • 五輪トーチリレー数百人の「赤シャツ」、平和デモ女子学生を包囲=香港(08/05/04)
  • 中国:仏製品不買運動エスカレート(08/05/03)
  • 米ユダヤ団体、全世界の同胞に北京五輪ボイコット呼びかけ(08/05/02)
  • 在韓中国人留学生会、指揮した会長は中国公安部出身=ソウル五輪トーチリレー(08/05/02)
  • 上海・北京直訴者ら、人権聖火を歓迎=中国(08/05/01)
  • チベット武力弾圧:エベレスト一帯に武装警察3千人派遣(08/04/30)
  • 豪州政府:五輪トーチリレー中、過激化中国人留学生を起訴(08/04/30)
  • 中国山東省:重大鉄道衝突事故、原因は五輪宣伝列車の脱線(08/04/30)