印刷版   

中国内モンゴル自治区、戦闘機2機が墜落

 【大紀元日本6月27日】中国空軍の戦闘機「殲8」2機が25日の午前中、中国内モンゴル自治区フフホト郊外清水河県で飛行訓練中に空中で衝突し墜落、大破した。

 BBCによると、国営新華社通信が墜落した2機は沈陽軍区に属し、操縦していたパイロットの2人は安全装置によりパラシュートで脱出し軽傷で済んだという。墜落現場で燃え残った残骸は機尾のみで、空中衝突についての原因は更なる調査結果を待っている状況だ。

 しかしながら最初の報道では、今回の墜落事故は2機のヘリコプターに関連し、さらに新華社の報道を引述したものであったと伝えている。

 香港「大公報」は内モンゴル自治区フフホト市消防支隊の出した話を引述し、内モンゴル自治区フフホト市清水河県の市街地20kmの地点で2機のヘリが墜落したと伝えている。

 新華社によると、清水県政府関連責任者の話では、墜落地点は清水河県の城関鎮からおよそ20kmの韮菜庄郷付近で、午前9時45分現地村民が目撃し、通報した。

 情報によると機は軍部に属し、パイロットはすでに救出されたという。

 現在その他の人々の死傷状況は不明で、消防隊員や関連部門の救助隊員が現場に駆けつけ、フフホト市、清水河県関連責任者の救援グループも現場に急ぎ向かっている。

 長い間、中国軍部は軍隊内部事故に対し固く口を閉ざし公表することは非常に少ないという。

 
(翻訳・坂本)


 (08/06/27 08:25)  





■関連文章
  • 内モンゴル自治区で砂嵐発生(08/05/28)
  • スリナム共和国:小型機墜落で20人死亡(08/04/05)
  • 国連ヘリ墜落12人死亡=ネパール(08/03/05)
  • ベネズエラ:国内線墜落事故で46人全員死亡(08/02/26)
  • 人権聖火:ミュンヘンに到着、「歴史の悲劇を繰り返すな」(07/08/27)
  • 米国:中国長期軍事意図の透明化を求める(07/08/25)
  • 中国軍戦闘機、民家に墜落、住民2人死亡=中国福建省(07/08/19)
  • 身長世界一:257センチのウクライナ人、ギネス認定(07/08/11)
  • 中国人エンジニア、産業スパイを認める=米国(07/08/04)
  • 地下教会聖職者3人、中国当局に逮捕される(07/07/31)
  • 世界一長身の男、内モンゴルで結婚式(07/07/18)
  • 中国内モンゴル深刻干ばつ、家畜50万頭・20万人飲用水困難(07/07/07)
  • 中国北東部:遼寧・吉林・内モンゴルで、干ばつ拡大(07/07/03)
  • 内モンゴル:火力発電所による環境汚染、住民らが抗議(07/06/30)
  • 墜落のカンボジア旅客機、乗客乗員22人全員死亡(07/06/27)