印刷版   

成都軍区ヘリ、救災任務中墜落

 【大紀元日本6月2日】5月31日午後、成都軍区抗震救災部隊のMi-17型輸送ヘリが第三軍医大学の防疫専門家を理県に送り届ける任務中、汶川県映秀鎮付近で突然濃霧と強い気流という局地的な気候変化により同日午後2時56分に墜落した。

 報道によると、機内には乗組員4人と災害により搬送される負傷者10人が乗っていた。現在、成都軍区抗震救災連合指揮部が全力で捜索に当たっている。

 
(翻訳・市村)


 (08/06/02 08:34)  





■関連文章
  • 四川大地震:被災地ダム決壊恐れ、防疫も急務(08/05/20)
  • 台湾大紀元時報主催:「第一回健康と自然博覧会」、大盛況(06/03/24)
  • 湖南省:病死したブタの加工品が市場へ(05/08/11)