印刷版   

【漢詩コーナー】竹里館(王維)

 【大紀元日本7月2日】

竹里館 唐・王維

獨坐幽篁裏
Dú zuò yóuhuáng lǐ
彈琴復長嘯
Tán qín fù cháng xiào
深林人不知
Shēnlín rén bù zhī
明月來相照
Míngyuè lái xiāng zhào

(訓読)

獨り坐す 幽篁(ゆうこう)の 裏(うち)、
琴を弾じて 復(ま)た 長嘯(ちょうしょう)す。
深林 人知らず、
明月来りて 相ひ照らす。

(日本語訳)

ただ一人、奥深い竹林の奥に座り、
琴を弾いて、ふたたび声を長く延ばして嘯(うそぶ)く。
奥深い竹林は、人から知られることなく、
明るく澄んだ月だけが私を照らしかける。


 【ひとこと】

 王維(699-759)は、詩・画・書ともによくし、画家としては、南画の祖とも言われ、山水を得意とした。蘇東坡が「摩詰(王維の字)の詩を味わえば、詩中に画あり。摩詰の画を観れば、画中に詩あり」と評するとおり、この詩を吟ずれば、竹林の山水の世界が鮮やかに眼前に浮かぶ。

(智)

 (08/07/02 00:00)  





■関連文章
  • 【漢詩コーナー】回郷偶書(唐・賀知章)(08/06/13)
  • 【漢詩コーナー】七歩詩(魏・曹植)(08/06/01)
  • 【漢詩コーナー】敕勒歌(北斉・斛律金)(08/05/19)
  • 【漢詩コーナー】母恩 <母の日に寄せて>(08/05/11)
  • 【漢詩コーナー】送元二使安西(唐・王維)(08/04/28)
  • 【漢詩コーナー】遊子吟(唐・孟郊)(08/04/21)
  • 【漢詩】詠知交 (交わりを知る)(08/03/04)
  • 三峡ダムがもたらす環境・自然災害、収拾のつかない事態になる可能性=中国環境問題専門家(07/12/04)
  • 三峡ダム建設による環境破壊、解決は不可能か(07/11/29)