印刷版   

手足口病流行で乳児3人が死亡=福建省

 【大紀元日本10月23日】中国福建省建瓯(おう)市では再び手足口病が増加傾向にあり、このほど児童3人の死亡が確認された。新華社通信によると、これまでに100人以上が病院の診察を受けており、22人が入院しているという。死亡した児童3人は、すべて1歳に満たない乳児であった。

 主に乳幼児が感染する手足口病は、今年初めから中国各地で流行し、今年になって2万7千500人が感染し、少なくとも42人の死亡が確認されている。

 中国で感染が広がっている手足口病はほとんどがEV71腸道ウイルスによるもので、高熱や麻痺、髄膜炎などの副作用を起こすこともある。現在のところ有効なワクチンはなく、感染すると1週間から10日で回復する。

 
(翻訳・坂本)


 (08/10/23 06:28)  





■関連文章
  • あせも治療クリームで、乳児に子宮出血の生理現象=中国湖南省(08/10/21)
  • 大学病院で院内感染 乳児8人死亡=陝西省西安市(08/10/19)
  • チベットで肺ペスト発生2人死亡(08/10/02)
  • 輸出衣類に汚物=中国福建省(08/10/01)
  • 有毒粉ミルク事件:7月末に情報入手していた中国メディア、五輪の報道規制に(08/09/24)
  • 中国有毒乳製品事件、対応に追われる合弁外資(08/09/21)
  • 中国国内乳業22社製品にメラミン混入(08/09/18)
  • 中国有毒粉ミルク事件、容疑者逮捕はトカゲの尻尾きり=専門家(08/09/17)
  • 中国製有毒粉ミルク、米国流入の可能性=米FDA(08/09/13)
  • 乳児14人が結石 粉ミルクが原因か=中国甘粛省(08/09/12)
  • 田んぼに巨大な謎の泡=中国福建省(08/09/01)
  • 五輪リハーサルで転落事故、女性ダンサー重傷(08/08/14)
  • 河北省唐山市、手足口病が蔓延(08/07/29)
  • 五輪開催地青島市、原因不明の伝染病蔓延か(08/07/16)
  • 新唐人衛星テレビ局アジア向放送が中断、中国当局の妨害か(08/06/23)