印刷版   

3分の1を超す中国の土地からの水土流出が深刻であり、国家の食料自給能力の脅威となっている(Getty Images)

中国:深刻な水土流出、民衆の生活に脅威

 【大紀元日本11月29日】中国国土の3分の1を超す土地の水土流出が深刻な状態であり、農作物栽培と灌漑を正常に行うことができない状態であるという。ロイターが伝えた。

 中国生態安全研究部門の発表した情報によると水土の流出は僻地の農村地区に限った現象ではなく、鉱山、工場さらには都市でも多く現れているという。

 毎年およそ45トンの土壌が流出し、国家の食糧自給能力の脅威となっている。もし土壌が今のままの速さで流出し続けるなら、中国東北部の穀物収穫は50年以内に40%減少し、10年以内で2千億元(290億米ドル)の損失となるという。

 中国はインド、日本、米国、オーストラリアやその他の国に比べ水土流出が深刻である。

 北京は昔から北方の草地の砂漠化が心配されてきたが、樹木の大量伐採及び大雨により露出した山の斜面が洗い流され、90年代には長江流域の大洪水を起こした。

 160万平方キロメートルの土地が水流により退化し、ほとんどの川底が影響を受けている。この他200万平方キロメートルの土地が風害の影響を受けているという。

 
(記者・願佳韵、翻訳・坂本)


 (08/11/29 14:09)  





■関連文章
  • 珠江デルタ:水土汚染により香港へ供給する野菜拠点を北へ移動(08/04/20)
  • 外資が大量に流出 空洞化に直面する東莞経済(08/01/16)
  • 台湾、海外投資の抑制目指し投信設定額を制限(07/06/02)
  • 商船三井のインド洋原油流出、日本企業で過去最大規模の可能性(06/08/15)
  • 日本テレコム、ウィニーで顧客情報152人分を流出(06/07/25)
  • KDDIが399万人の顧客情報を流出、経営責任は後日発表(06/06/14)
  • 河南省:重油12トン流出、黄河汚染懸念(06/01/09)
  • 2004年度中国国営企業は、3500億元の資産流失(05/11/17)
  • 中国重慶、給料未払い従業員らが街頭デモ(05/10/05)