印刷版   

北米最大手の通信機器メーカー、カナダNortel Networksが破綻(Getty Images)

中国政府情報封鎖に協力、北米最大手通信機器メーカー破綻の結末

 【大紀元日本1月17日】北米最大手の通信機器メーカー、カナダノーテルネットワークス社(Nortel Networks)は1月14日、カナダと米国の裁判所に破産法による資産保護の申請を行ったと発表した。同社はこれまで、中国政府からネット設備の購買契約を取得するために、中国政府にインターネット監視システムの建設に協力し、特に現在迫害されている法輪功学習者のネット使用を追跡し、中国の情報封鎖に一役買ったと見られている。

 同社の財務報告によると、第三四半期の決算で売り上げが前年同月比14%減で34億ドルの純損失を計上するなど大幅な落ち込みとなった。『ウォールストリートジャーナル』によると、音声通信機器の需要不振と昨今の金融不安の影響で同社の業績が急に悪化した原因だと指摘した。

 しかし、原因はそれだけではないようだ。前在中国米商工会議所幹部のイーサングットマン氏は著書の『新中国を失う(Losing The New China)』で、米国の多くのハイテク技術をもつ会社は中国での利益を優先するために、インターネット監視システムを提供するなど、中国の言論封鎖に協力している。その中に、ノーテル社の名も上げられている。同氏によると、ノーテル社の社員はある展示会で、同社のネット機器が中国で迫害されている法輪功学習者を追跡するために開発されたものだと公に話したという。

 
(翻訳編集・高遠)


 (09/01/17 09:58)  





■関連文章
  • 中国当局機関紙が言論自由擁護、問われるその真意(09/01/16)
  • 中国:海外ウェブサイト封鎖、さらに強化(08/12/19)
  • 中国臓器狩り、「紛れもなく起きている」=CIPFG北米分団団長(07/08/31)
  • 米人権団体:国家機密の規定を明確に(07/06/17)
  • 台湾・香港:中国当局の理由無き禁書、各界から強く譴責(07/02/07)
  • ネット封鎖突破ソフト「無界瀏覧」最新バージョン アンチウィルスソフトの誤認を解決(07/01/23)
  • 新唐人テレビ局番組=「中国のネット検閲の背後に潜む欧米企業」、北米で報道賞受賞(06/11/16)
  • 米2006年度中国人権報告:死刑囚からの臓器摘出を指摘、人権状況の連続後退(06/09/27)
  • アムネスティ・インタナショナル、ネット大手3社相手に全世界で抗議活動展開(06/08/01)
  • 中国:チベット人作家、ブログが強制閉鎖される(06/07/31)
  • 米連邦裁判所:証拠不十分で、王文怡記者の起訴を取り下げ(06/06/23)
  • 中国ネット業界最大手のサーチエンジン、強制閉鎖   (06/06/22)
  • 中国の意識調査ネット、64事件の民情調査で閉鎖(06/05/29)
  • 中共、「天安門大虐殺」17周忌を警戒、ニュースサイトの一部閉鎖を命令(06/05/27)
  • 大陸ネット封鎖の突破について(06/05/12)