印刷版   

中国とイラン30億ドルの油田建設契約

 【大紀元日本3月16日】イランの国営天然ガス会社と中国の国有財団が、総額30億ドル以上の液化天然ガス油田の建設契約を結んだという。

 BBCはイランの国営メディアの報道を引用して、この情報を明らかにした。それによると、同中国財団はイランの南パルス(South Pars)天然ガス油田の2つの生産エリアを建設する、建設期間は3年間という。

 この契約の調印式はイラン首都テヘランで行われたという。

 契約のさらなる詳しい内容は明らかにされていない。

 2007年には、イランの国営石油会社と中国の国営大手石油メーカー「中国石油化工集団」は20億ドルの契約を締結した。そのときの開発対象はイランのシアダワラン油田、その石油の日生産量は18万バレルと伝えられている。

 中国はイランの最大の石油消費国のひとつ。石油のほか、中国側はこのほど、イラン・パキスタン・インドの三国を結ぶ石油パイプラインへの参加にも意欲を示した。同ラインは上記の南パルス油田の天然ガスをパキスタンとインドに輸送する。
 
 国連はこれまでにイランの核開発を制限するため、一連の制裁措置を発動した。米国は中国や一部の国に対して、制裁措置に遵守するよう求め続けている。

 BBCの関連報道は、「イランは最近、外国と締結したエネルギー協議を大々的に宣伝している、その目的は、米国がイランを孤立させる措置に対抗するためである」と報じた。

                       
(翻訳・叶子)



 (09/03/16 23:20)  





■関連文章
  • 中国四川省:鉄道建設補償金に不満の村民、警察と衝突(09/02/21)
  • 国連専門家、温暖化進行速度予期以上に速い(09/02/17)
  • 世界的チェロ奏者、神韻の音楽は人の心を浄化する(09/02/12)
  • 全面的に悪化する中国経済、成長モデルの維持は困難(09/02/10)
  • 神韻芸術団韓国公演、中国当局の妨害計画完敗(09/02/09)
  • 中央テレビ局:建設中新ビルで大火災、報道を厳しく規制=北京市(09/02/09)
  • 中国人権状況、信憑性欠く国連調査(09/02/07)
  • タイ仏教駐国連代表「神韻は心を打つ」(09/01/29)
  • 中国に法輪功への迫害制止を要求、18カ国政治要人国連宛に書簡(08/12/11)
  • 国連・中国拷問問題報告書に、中国当局が抗議(08/12/08)
  • イラン駐日大使、原子力の平和利用を強調(08/12/06)
  • 陰陽の考え方(08/11/28)
  • 国連、中国に臓器狩りの実態調査命じる(08/11/24)
  • ムーディーズ:中国企業、倒産の波が拡大 (08/11/23)
  • 中国の「人権行動計画」に疑問=米紙(08/11/17)