印刷版   

 身柄拘束された高層幹部の陳紹基(左)と王華元

広東省:行政府高層幹部2人身柄拘束される

 【大紀元日本4月22日】中国広東省の2人の高層幹部がこのほど、汚職問題により最高指導部の中央紀律委員会に身柄を拘束され、取り調べを受けていることが判明した。国内の政治学者は、汚職問題は表面的な理由で、権力闘争で失脚したのでは、と指摘している。

 身柄を拘束されたのは、広東省政治協会・陳紹基主席(63歳) と広東省共産党委員会の副書記、紀律委員会・王華元書記(60歳)の2人である。

 香港メディアによると、両者は同時に連行された。王華元書記は北京に移送され、陳紹基主席は地元の広州市で取り調べを受けている。

 陳紹基主席は中山大学中文専攻を卒業、90年代から広東省公安庁の庁長、省の政治法律委員会の書記、共産党委員会の副書記、省政治協会の主席などの要職を歴任してきた。広東省30年間において拘束されたもっとも大物の高層幹部であるという。

 王華元は安徽省生まれで、空軍の出身。拘束時は広東省共産党委員会の副書記兼、紀律委員会の書記だった。かつては、愛人問題や企業からの巨額収賄などのうわさが絶えなかった。

 両者は中央公安部の周永康・部長の側近だった。特に陳紹基主席は周永康・部長の抜擢で、部長補佐まで務め、未来の周・部長の後任と期待されていた。

  今回の身柄拘束の理由について、外部には、巨額な収賄容疑が伝えられている。

 広東省深セン市在住の政治学者は15日、香港メディアの取材に対し、体制内部の権力闘争により失脚したのではないかと指摘、「(権力闘争により)所属の派閥の尻尾として切られたのか、政治的な過ちを犯したのかであろう。巨額収賄のような経済問題は、(中国では)大きなものではない、大きくすることもできれば小さくすることもできる」と話した。

 

 
(翻訳編集・叶子)


 (09/04/22 07:25)  





■関連文章
  • 企業幹部の汚職を訴え、従業員1000人が集団陳情=河北省(09/04/10)
  • 外国逃亡の汚職幹部1200人逮捕=中国検察長(09/03/18)
  • 中国四川省:鉄道建設補償金に不満の村民、警察と衝突(09/02/21)
  • 腐敗大国、中国(09/01/12)
  • 贈賄事件でマンション建設中止、被害者の大学教授ら抗議デモ(訂正再掲)(09/01/08)
  • 中国社会の暗部を報道、記者の逮捕続発(08/12/24)
  • 陳水扁前台湾総統汚職を否定、台北地裁保釈判定(08/12/18)
  • 本物or偽物? 「汚職官吏」ブランドの焼き芋売り(08/11/28)
  • 中国経済活性化法案、長期発展の時限爆弾=国内経済学者(08/11/21)
  • 陳水扁前台湾総統、機密費不正流用疑惑で逮捕(08/11/13)
  • 中共常務委員・周永康、弁護士代表大会に政治的圧力(08/10/26)
  • 中国土地私有化に進展か、共産党権力低下の兆し(08/10/22)
  • 北京市前副市長、巨額収賄罪で死刑判決(08/10/21)
  • 漢字の神秘(10):黨(党)(08/09/12)
  • 5億ドル着服の中国銀行元支店長ら、逃亡先の米国で裁判(08/09/02)