THE EPOCH TIMES

【バンクーバー通信】バンクーバーのスーパー・マザー・ダック

2009年05月29日 09時34分
 【大紀元日本5月29日】5月23日掲載の「雑種犬、全米ヒーロー・ドックに」を読んで思い出したのですが、カルガモのお母さんが警官の協力を得て、排水溝に落ちてしまった雛たちを無事救出した、、、という実際にバンクーバーで起こった事件をご紹介しましょう。

 この事件は2001年の7月ローカルの新聞「バンクーバー・サン」に掲載されました。当時、記者はこの事件が起きた、グランビル・アイランド(市場がある観光地)に仕事場があって、仕事中ラジオでこのニュースを聞いて驚いた記憶がありました。

 7月のリポートって、ちょっと納得いきませんが、7月でもカルガモの雛が孵るのでしょうか。

 リポートによれば、7月11日(水)、一人の警官、ピーターセン警官はグランビル橋の真下を歩いていたら、一匹のダック(カルガモ)がグワーグワーと鳴きながらヨチヨチと歩いてきて、彼のズボンのスソをくちばしで啄んだ。

 ピーターセン警官は「なんだこりゃ?」と思い、ダックを振り払おうとした。がダックは諦めなかった。ダックは鳴きながら彼のまわりをヨチヨチ歩き回り、そして20m先方までヨチヨチと歩いていき、そこにある排水溝の鉄格子の上に座った。

 ピーターセン警官はそれを見ても???何も思いつかなかった。で彼が歩き出そうとしたとき、又もダックはグワーグワーと鳴きながらヨチヨチと彼のまわりに纏わりつき、彼のズボンのスソを掴んだ。

 そこでダックが2回目に排水溝の鉄格子の所に行ったとき、彼もあとに付いて行った。そして8匹の小さな雛たちが排水溝の中にいるのを見つけた。この鉄格子の隙間から落ちてしまったに違いなかった。

 彼はケレン警官に電話した。ケレン警官は2人の巡査をつれてやってきた。3人が来るとダックは又しても3人の回りをグワーグワーと鳴きながらヨチヨチと歩き回った。そして鉄格子の上に居座った。

 ケレン警官が鉄格子の下を覗いているあいだ、ダックはカーブのところに座って見ていた。2人の巡査はレッカー車でこの鉄格子を取り除き、雛一匹づつを柄の付いた笊ですくって救出した。

 全部の雛が救出されるとお母さんダックは8匹の雛たちを従えて、池に飛び込みましたとさ、、、。

 ナントも感慨深い事件でした。お母さんダックも必死だったわけですが、警官を選んだのは正解でしたね。これって偶然だったんでしょうか。

こちらはカナディアン・ギースの雛と親子。カルガモよりもはるかに大きいけど可愛いです。(写真=春馨/大紀元)

グランビル・ブリッジから撮った池の写真(写真=春馨/大紀元)

(記者=春馨)

関連キーワード
^