印刷版   

死んだ魚を手にする養殖業者(大紀元資料室)

養殖魚が謎の大量死、経済被害900万円か=安徽省

 【大紀元日本7月29日】中国南部の安徽省巣湖市近郊で、養殖の魚が大量に死んでいるのが見つかった。経済的な損失は約60万元(約900万円)。現地政府はその原因について、調査している。

 「養殖している魚は、全部死んだ。3年間の苦労は水の泡だ」と嘆く養殖業者の朱国華さん。網を手で引き上げると、網を覆う大量の腐った魚が強烈な臭気を放つ。

 朱さんの証言によると、7月22日夜、暴雨が降った後、河の水が急に黒くなり、養殖魚が死んで浮き始めた。約10キロ続く河は、真っ黒になった。

 現地政府水産部門の大まかな統計によれば、今回死亡した養殖魚は120トンに達し、その価値は60万元(約900万円)にのぼるという。

(翻訳編集・叶子)

 (09/07/29 01:34)  





■関連文章
  • 真っ赤に染まった河川、工業廃水が原因か=広東省(09/07/24)
  • 化学工場の違法操業、地下水汚染で住民に中毒症状=浙江省(09/07/23)
  • 北京市:米国大使館の大気汚染情報、市民が注目(09/07/01)
  • リストラされたお父さん、子供たちにどう対応する(09/06/21)
  • 山東省「ガン県」、汚染に苦しむ住民が決死隊結成(09/06/20)
  • 世界で最も住みやすい都市、バンクーバーがトップ(09/06/16)
  • 北米沿岸都市の海面、今世紀に20cm上昇の恐れ(09/06/07)
  • 豆乳メーカー、中国で人気(09/05/20)
  • ミツバチ大量死研究に、研究費1000万円援助=農水省(09/05/19)
  • 経済変化にともない悪化する大気汚染 重慶・中国(09/05/19)
  • 汚染された中国製薬品、米国でアレルギー反応と死者(09/04/27)
  • 四川大地震:環境保護活動家、学生児童死者数調査で逮捕(09/04/05)
  • 長期干ばつ、地球温暖化の元凶(09/03/30)
  • 中国核実験、32年間で46回も(09/03/28)
  • 地球温暖化ガス、中国製品輸入国にも責任=中国環境問題・高官発言(09/03/19)