印刷版   

タイ、バンコクのミャンマー大使館前でスーチー氏の解放を求める市民(CHRISTOPHE ARCHAMBAULT/AFP/Getty Images)

スー・チーさん軟禁判決、国際社会から高まる非難=ミャンマー

 【大紀元日本8月13日】ミャンマーの民主化運動指導者アウン・サン・スー・チー氏(64歳)が11日、米国人男性を自宅に不法滞在させたとして同国の軟禁法違反の罪を問われ、軟禁18カ月の判決を言い渡された。国際社会からは軍事政権を非難する声が高まっている。

 今年5月、米国人男性ヤトーさんが遊泳して自宅軟禁中のアウン・サン・スー・チー氏の湖畔にある家を訪れた。ミャンマー軍事政権はスー・チー氏の連帯責任を問い、同国の軟禁法に違反したとして訴追。一方、この米国人男性には、7年の禁固刑が言い渡された。

 本件に関する法廷審理は11日に行われた。記者と外交官は法廷傍聴を許されたが、法廷の外には2千人あまりの警察が配備されていた。

 裁判官が軟禁法違反の罪でスー・チー氏に3年の禁固刑を言い渡した後、軍事政権は自宅軟禁18カ月に減刑すると発表。

 クリントン米国務長官は判決後、スー・チー氏の解放などを軍事政権に引き続き促していく姿勢を表明。同じく実刑判決を受けたヤトーさんの釈放も求めた。

 英国のブラウン首相は「偽の裁判」と非難。判決の狙いは来年のミャンマー総選挙へのスー・チー氏の出馬を阻止するためと指摘し、国連安全保障理事会が断固とした措置を取り、ミャンマー軍事政権への武器販売を禁止するべきだと呼びかけた。

 潘基文・国連事務総長は同判決について、「強い遺憾の意を表する」との声明を出し、同氏や政治犯全員が即時に無条件解放されるよう求めた。

(翻訳編集・叶子)

 (09/08/13 16:30)  





■関連文章
  • 米下院議長訪中、デモ防止で直訴者大量逮捕=上海(09/05/29)
  • 中国汚職役人:逃亡先は米、カナダ、豪州に集中(09/05/11)
  • 上海直訴者18人、北京天安門前で拘束(08/10/03)
  • 日本水フォーラム、都内でシンポジウム(08/05/26)
  • 【オピニオン】災劫弭化(さいごうびか)(08/05/20)
  • ビルマ:数週間以内に児童数千人餓死の恐れ(08/05/19)
  • ビルマ:サイクロン上陸で10万人近く被災(08/05/06)
  • エイズ問題人権活動家、「国家政権転覆罪」で逮捕(07/12/31)
  • ビルマ民主化同盟:犠牲者の追悼、平和への祈り=名古屋(07/10/28)
  • ミャンマー軍政、僧侶に強制寄進(07/10/10)
  • 中国メディア:ミャンマー弾圧報道、当局軍事政権に同調(07/10/09)
  • ミャンマー軍政:再び抗議者を拘束、インターネット制御強化(07/10/09)
  • ミャンマー流血弾圧に抗議、ロンドンで1万人デモ(07/10/08)
  • ミャンマー軍政:数百人の僧侶を釈放、国際社会の制裁回避のためか(07/10/08)
  • 対ミャンマー制裁:20カ国元首脳、中国当局に連名書簡(07/10/08)