印刷版   

夢の世界(彩墨)63×64 cm

【彩墨画鑑賞】 夢の世界

文・徐明義

 【大紀元日本9月15日】

 夢と言うが、夢ではない。夢ではないと言っても夢でもある。これは夢の中の山水である。

 わたしはかつて、色のかたまりや墨のかたまりをもって構図を試みてみた。この作品はその一つ。絵全体は、ほとんど線が見られず、かつはなはだ目立つ色を使う。勝敗や毀誉に頓着せず、そして「あなたの絵は水墨画ではない」と言われるのも畏れない。これらのことは一切かまわず、色と墨を塗ればよいとし、わたしは自分の絵を描くのだ。

 そのとおりだ。わたしは自分の絵を描く。使えるものであれば、何でも用いる。アクリル顔料、正統な水墨顔料、水性顔料、墨汁、化学顔料、クレヨン、日本の水干顔料、油絵顔料などなど、使えるものならば何でも用いる。楽しむことができさえすれば、それでよいというわけだ。

 わたしは自分の絵を描くのだ。

(翻訳・小林)


 (09/09/15 05:00)  





■関連文章
  • 溌彩雲山=彩墨画鑑賞(09/09/12)
  • 中国の小学生、汚職官僚が夢?(09/09/05)
  • 建国60周年、強まる「愛国心」キャンペーン(09/09/02)
  • 豪首相、中国を牽制: 「誰を入国させるかは我々が決める」(09/08/26)
  • 流行語で読み取る激変の中国(3)(09/08/26)
  • ますます注目される、カルガリー国際映画祭=カナダ(09/08/12)
  • 【英国通信】 国会議事堂近くで一日絵画展(09/08/12)
  • 夢から作り上げられる町、天人(あまんと)(09/07/31)
  • メルボルン国際映画祭、ハッカーが攻撃(09/07/29)
  • 深刻な高齢化対応、条件に見合う2人目出産を奨励=上海(09/07/27)
  • 中国当局の反対を制し、ウィグル人のドキュメンタリー映画上映へ=メルボルン国際映画祭(09/07/24)
  • 【本との話】夏も凍てつく「怖い絵」の謎をあなたに(09/07/10)
  • 第三回神洲国際映画祭、東京で開催(09/07/03)
  • 7月18日、神洲映画製作所主催「第3回神洲国際映画祭」が東京で開催(09/06/27)
  • スクリーンから伝える平和 ―東京平和映画祭―(09/06/14)