印刷版   

純情指数が最も高い星座は?

 【大紀元日本9月18日】

 星座から性格と純情指数が、ある程度反映されるのをご存知ですか。 星座が分かれば、純情指数を参考に、うまく相手の心を射止めることができるかもしれません。

 牡羊座――純情指数95

 牡羊座の純情指数は高いけれども、3分間の情熱獲物を追うことが本性。美女やイケメンに引かれる。 相手の感触がよければ一瞬にして燃える。しかし、いったん新しい獲物が現れると、情熱はすぐそちらに移ってしまい、前の相手に対する純情度はマイナスへと急降下。

 牡牛座――純情指数93

 牡牛座の純情度は濃厚。でも表現のしかたは牡羊座とは正反対。じっと待ち、あれこれ試し、観察していくうちに、じっくりと情が深まり、純情指数を累積。小額投資のようなコツコツ型。 時間はかかるが、いったん心が決まれば比較的変わりにくい。牡牛座の人の愛情は欲望に誘導されがち。プラトニックな純愛ではなさそう。

 魚座――純情指数90

 一つの魚が同時に複数の魚を食べる姿は、魚座をうまく描写している。魚座の人は確かに純情。しかし多情でもある。多くの人に高純情指数を発揮してしまい、しかも長期間続いて衰えない。感動しやすいため、相手の心に触れやすい。美しくてロマンチックな関係になるけれど、移り気に要注意。

 蠍座――純情指数88

 蠍座の人は、人間性が豊かで七情六欲が強い。好きな人ができたら唯一だと思い込む。付き合い始めると、理性が弱くなり、自ら洗脳してしまうので、純情指数も高まり、100を超える場合もある。蠍座のように長期にわたって相手への感情を堅持できる人は稀。

 蟹座――純情指数86

 蟹座は純情でしかも長く一つの付き合いを維持できる。愛情には母性の特徴もあり、相手をコントロールする欲望を持つ。優しいが嫉妬もしやすい。相手がこのコントロール欲から逃げたくなることもよくあり、蟹座の人は、自分の一途な純情に傷つきやすい。

 獅子座――純情指数70

 獅子はすべての動物の中で最も家族の観念が強い。獅子座の人は、群居が好きで、比較的責任感もある。外見を重視して、美女かイケメンを望む。良い獲物を発見するとすぐ追いかける本性だが、一つの感情に対してとても忠実。責任感があるため、現状維持を選ぶ。

 山羊座――純情指数89

 指数上では山羊座の純情度は確かに高いが、相手が自分に有利か、付加価値が高いか、将来価値が出るかなどの条件を考慮する傾向にある。いったん相手が要求に合わない場合は、純情を無駄にしない。山羊座の人は現実的で、生きるために結婚することもある。このため、比較的安定した関係を築きやすい。

 双子座――純情指数60

 双子座の特徴は形式にこだわらないこと。一般的な純情指数は高くない。相手が異なる役を演じ、ずっと好奇心を刺激してくれるような、 面白くて飽きない関係を求める。双子座の人は、相手に対して欲望がなくなっても、友情を維持するので関係を壊さない。

 乙女座――純情指数59

 乙女座は純情度がとても高いとされているが、実際はそうではない。あらゆる場所で感情を表現し、一人一人と良い関係は維持するが、潔癖で傷つけられることを恐れるため、あまり行動に出ない。表面は平穏だが、心の底には悪事を画策しており、魚座のように自分を騙す傾向もある。旧交を重視し、過去の思い出を大切にするので、長期間、純情を維持する。

 天秤座――純情指数55

 天秤座の人は人道主義を重んじる。出世に淡泊で受動的。自らは決して積極的に動かず、相手から声をかけられるまで辛抱強く待つ。純粋度では100を越えるが、 忘れられないほど集中する愛情モードはない。恋人とは友達のような薄い関係を維持する。七情六欲は低く、自分のことにとても集中するが、他の人に対して一途になるとは限らない。

 射手座――純情指数50

 燃え上がれば射手座の純情指数は90に達するが、他の獲物が現れるとすぐにこれまでの永遠の愛の誓いをすっかり忘れ、純情指数はどん底へ。親切だが継続性に劣る。 自由で縛られるのが嫌い。冒険好きなので、相手との関係がマンネリ化したら、刺激を求めて他の獲物狩りを始める。

 水瓶座――純情指数40

 現実離れが水瓶座の特徴。生まれつきの自由好き。常識を逸脱した感情感覚のため、純情指数は俗世間の基準では測れない。 プラトニック・ラブを大切にし、 相手を友人同様に扱う。形式を重視しないのでバレンタインデーは無意味。一般の標準で評価すると、水瓶座の人は恋人失格になりやすい。

(翻訳編集・李頁)


 (09/09/18 05:00)  





■関連文章
  • 野尻抱影さんに聞く伝説(07/10/06)