印刷版   


【正しい箸の持ち方】

著者:宋雁妮

 【大紀元日本10月29日】

 私は外食をする機会が多い。ある日、レストランで微笑ましい光景が目に映った。隣に座っている40数歳の父親が、5才くらいの小さい娘に箸の持ち方を教えている。父親は、「見てごらん、箸は平行に持つんだよ。交差じゃないよ」と優しく教えている。たちまち、私の心は暖かくなった。その光景に、私は十数年前の記憶が蘇った。

 私が小学生の頃、家族で楽しく食卓を囲んでいた時、父が突然、何か大きな発見でもしたかのように、みんなの会話を止めた。そして、私に動作を止めるよう指図すると、父はそっと正しい箸の持ち方を教え始めた。先ほど私が見かけた、優しく娘に持ち方を教える父親と同じだった。

 父は丁寧に教えてくれたが、当時反抗期だった私は、箸なんかご飯を食べるための道具に過ぎない、おかずを掴めればいいのに、と少しふて腐れ気味だった。しかし、伝統と文化を重んじる父の指導で、一週間もしないうちに私は平行に箸を持てるようになった。それまでの交差した持ち方も忘れてしまった。

 年齢を重ね、家族と離れ、卒業して社会人となった今、父が昔言っていたたくさんの事は、すべて正しかったと気が付いた。そのうちの一つが、箸の持ち方である。私が日本へ留学していた時、日本人の教授が私の箸の持ち方を観察していた。そして「あなたはよく躾られていますね。現在、多くの日本の若者や中国人は正しい箸の持ち方を知らない」と言って、私のことを褒めてくれたことがある。また、西洋人の同級生に箸の持ち方を教えていた時、今まで私が気にも留めなかった多くの中華文化は、西洋人にとって驚くべき智慧なのだと気がついた。中華文化は数千年もの間、引き継がれてきた智慧の宝庫なのだ。

 周りで食事をしている人々を見ると、箸の使い方の正しくない人が多いことに気付いた。

 私は、箸の使い方を学ぶ女の子を眺めながら、心が温かくなった。きっと、あの賢そうな女の子は、すぐに箸の持ち方をマスターするだろう。私は心の中で、正しい中華文化を教えてくれた父に感謝した。

 
(明心ネットより)


 (
翻訳:鈴木真弓)


 (09/10/29 05:00)  





■関連文章
  • 妊娠初期の親子DNA鑑定急増、性の開放が原因か=中国(09/08/29)
  • 【中国伝統文化】他人の意見に耳を傾ける(09/07/17)
  • 【中国伝統文化】食は空腹を満たすもの(09/06/21)
  • 韓国「江陵端午祭」から、中国伝統文化の復興を願う(09/06/03)
  • 八仙人の一人、張果老の伝説(09/05/11)
  • 新唐人2009グローバルコンテスト、いよいよスタート!(09/05/08)
  • 【中国伝統文化】傲慢さは、才能の成長を妨げる(09/02/23)
  • 神韻広島公演:石橋県議「中国伝統文化の甦る日を切望する」(09/02/16)
  • 神韻名古屋公演:農学博士、伝統文化・芸術の継続を重視(09/02/14)
  • 文学賞詩人「神韻は、一点の濁りもない世界平和の使者」=韓国ソウル(09/02/08)
  • 道家文化と神韻公演(09/01/24)
  • 台湾政府:神韻の鑑賞を研修プログラムの一環に(09/01/14)
  • 【中国伝統文化】誤りから学ぶ(09/01/01)
  • 【神韻公演Q&A】中国でみる古典舞踊とどう違うの?(08/12/27)
  • 【神韻公演Q&A】神韻公演って何?(08/12/25)