印刷版   

キリバスの島々のひとつ、無人島タラワ(TORSTEN BLACKWOOD/AFP/Getty Images)

地球で一番遠い国、キリバス

 【大紀元日本12月14日】

 英国探検家が発見した地球で最も遠い島国『キリバス』をご紹介。ここは地球で一番早く日の出を迎える島であり、唯一、南北半球と東西半球をまたぐ国でもある。

 キリバス、正式にはキリバス共和国で、太平洋中西部に位置する国であるが、多くの旅行ガイドブックの中でもその名前を見つけることが出来ない。なぜなら、ここから最も近い豪州やハワイでさえ2千500海里離れており、飛行機を使ったとして少なくとも14時間はかかるからだ。もし英国や西欧諸国から行こうとすれば5日はゆうにかかるという。

 キリバスは現代文明から隔離された島であり、エメラルドグリーンをした静かな海、黄金色の柔らかい砂浜や沿岸がある。そして密生するシュロ(ヤシ科)の林があり、そこに住む人々は素朴で穏やかな生活を送っている。島には道路や、信号、スーパーやテレビ局はなく、あるのは人の数より多いヤシの木々、数えるほどの自動車や缶詰食品を販売する小さな商店だけだ。

 しかしながら昨今の環境問題である地球温暖化や海面の上昇に伴い、キリバスが消失する運命であることから逃れることは難しい。現在キリバスではすでに2つの島が海水に飲み込まれ、島の最も高い場所でも海水面からの高さが15センチほどしかない。専門家は数年後には、多くの島が徐々に海底に沈んでゆくと予測している。島の大統領であるアノテ・トン氏は、もはやキリバスの水没は免れないと明言、全国民の他国への移住計画を発表した。

 キリバスは合わせて33の島〈さんご礁〉の集まりからなりたっている。3つの行政区があり、ギルバート諸島、ライン諸島、フェニックス諸島からなりたっている。陸地面積は合わせて812平方キロあり、水域面積は350万平方キロある。世界で唯一赤道と日付変更線をまたぎ、南北半球と東西半球をまたがる国である。総人口は10万5千432人で、使用言語としてはキリバス語と英語を使用している。通貨は豪州ドルである。

(翻訳編集・坂本)


 (09/12/14 05:00)  





■関連文章
  •  巨大氷山が南極から豪大陸へ漂流(09/12/12)
  • 「コペンハーゲン合意」の草案明らかに=COP15(09/12/10)
  • 環境問題:海中に沈みゆく国=ツバル(09/12/10)
  • 南極の氷 融ける規模と速さ、予測を上回る=米研究(09/11/30)
  • エベレストにハエ生息確認 温暖化で氷河融解が深刻(09/10/20)
  • 世界初 、海底で閣僚会議=モルジブ共和国(09/10/19)
  • 法輪功創始者、「傑出したスピリチュアル・リーダー賞」を受賞(09/09/29)
  • 研究報告:環境ストレスを受けた植物は温暖化ガス放出増加(09/09/16)
  • 世界で最も美しい島、人生で一度は訪れたい(09/07/25)
  • 地球温暖化は太陽の活動周期によるもの、人為的ではない?=NASA発表(09/06/26)
  • 北米沿岸都市の海面、今世紀に20cm上昇の恐れ(09/06/07)
  • 世界ビジネスサミット、ポスト議定書作成呼びかけ(09/05/28)
  • 中国汚職役人:逃亡先は米、カナダ、豪州に集中(09/05/11)
  • 平均寿命81・28歳、老齢化進む上海(09/04/26)
  • 長期干ばつ、地球温暖化の元凶(09/03/30)