印刷版   

高智晟弁護士一家(写真・大紀元)

人権派弁護士・高智晟氏の所在 中国外交部「いるべきところにいる」

 【大紀元日本1月25日】昨年2月に警察に連行され、行方不明となっていた中国の人権派弁護士・高智晟氏の所在について、中国外交部の馬朝旭報道官は21日の定例記者会見で、「いるべきところにいる」と外国記者の質問に応じる形で言及した。高氏の行方について、当局が公の場で言及するのは今回が初めて。

 馬報道官は記者の質問に対し、「中国の法律に従って、彼はいるべきところにいると言うべきだろう。具体的に彼が何をしているのか、私の把握できる情報ではない。関連部門に聞いてほしい」と答え、具体的な居場所は明かさなかった。

 高氏の兄が昨年12月、担当の警官から「(高氏は)道に迷って失踪した」と告げられたことから、同氏を支援する人権団体や家族の間で不安が広がっていた。中国当局によって高氏が殺害された可能性も指摘され、当局に対する国内外からの圧力が高まった。今回の記者会見は、当局がやむを得ず対応したものとみられている。

 高弁護士は、社会的弱者層の弁護を無料で引き受け、人権派弁護士として中国全土に広く知られていた。99年以来、中国当局から弾圧を受けている法輪功(ファールンゴン)について、3度にわたり最高指導部に公開嘆願書を送り、弾圧の停止を求めた。06年、中国当局に「国家政権転覆扇動罪」の罪で逮捕され、懲役3年、執行猶予5年の刑を言い渡された。仮釈放後、獄中で自らが受けた虐待の様子を公開し、中国の人権問題に関心を持つよう米政府に請願書を送っている。

 その後、高氏とその家族は自宅に軟禁され、厳しい監視下に置かれていた。その期間中、警察から受けた残虐な拷問の様子を暴くことを試みたが、そのたびに無理やり「行方不明」にさせられた。昨年2月、再び当局に連行されて以来、所在不明のままだった。

 北京の丁錫奎・弁護士はRFAの取材に応じ、「執行猶予の規定に従うなら、高弁護士はいま家にいるべきだ」と話している。所在不明であるならば、家族は警察に通報し、警察は高氏を捜索する義務があると主張している。

 高智晟氏の家族は昨年、中国大陸から米国に脱出し、現在難民として保護されている。未成年の娘は父親の身を案じるあまり、精神的な治療を要する状態であると伝えられている。

(翻訳編集・金本)


 (10/01/25 07:49)  





■関連文章
  • 人権派弁護士・高智晟氏が行方不明 中国当局「道に迷って失踪」(10/01/20)
  • 高智晟著『神とともに戦う』(18) 我が平民の母(7)(10/01/20)
  • グーグル、米議員・人権団体が支持 急がれる「世界ネット自由法案」の可決(10/01/19)
  • 高智晟著『神とともに戦う』(17) 我が平民の母(6)(10/01/13)
  • 高智晟著『神とともに戦う』(16) 我が平民の母(5)(10/01/05)
  • 高智晟著『神とともに戦う』(15) 我が平民の母(4)(09/12/26)
  • 駐中国米大使、中国人権弁護士らと面会(09/12/16)
  • 高智晟著『神とともに戦う』(14) 我が平民の母(3)(09/12/15)
  • 高智晟著『神とともに戦う』(13) 我が平民の母(2)(09/12/03)
  • 高智晟著『神とともに戦う』(12)我が平民の母(09/11/22)
  • 新書 「血まみれの臓器狩り」、法輪功学習者から臓器摘出調査報告 カナダで出版(09/11/21)
  • 高智晟著『神とともに戦う』(11)半握りの煎り大豆(09/11/15)
  • 高智晟著『神とともに戦う』(10)古びた銅のヒシャク(09/11/06)
  • 高智晟著『神とともに戦う』(9)(09/10/30)
  • オバマ大統領訪中 在米華人、人権弁護士の救援署名運動(09/10/28)