THE EPOCH TIMES

流行語で読み取る激変の中国(28)

2010年03月18日 05時00分
 【大紀元日本3月18日】中国の社会が激変している今、何がもっとも注目され、何がもっとも売れているのか。そして何処がもっともにぎやかで、何がもっとも防ぎにくいのだろうか。次の順口流は五つの「もっとも」をもって五つの社会問題を取り上げた。

 原語: 

 《最年軽的奶奶——二奶》

  最引人注目的哥哥——偉哥;

 最年軽的奶奶——二奶;

  最難設防的偸窃——偸情;

  最熱閙的走廊——髪廊;

  最暢銷的書——秘書。

 

  日本語訳:

 《もっとも若いお婆さんは、二号だ》

 もっとも注目されている兄は、バイアグラだ。

 もっとも若いお婆さんは、二号だ。

 もっとも防止しにくいのは、私通することだ。

 もっともにぎやかな場所は、床屋だ。

 もっとも売れているものは、秘書だ。

  語釈=

 最引人注目的哥哥——偉哥

 「哥」は兄のこと、「哥哥」はその重ね型である。「偉哥」はバイアグラのこと、すなわち逞しい兄貴という意訳である。今の中国では、バイアグラの需要が増え続けているため、このバイアグラはもっとも注目されている「偉いお兄ちゃん」になっているわけである。

 最年軽的奶奶——二奶

 「奶」はお婆さんのこと、「奶奶」はその重ね型である。「二奶」はめかけ、二号のことである。腐敗官僚や金持ちらの「二奶」は若い女が多いので、「もっとも若いお婆さん」と洒落を言われるのである。

 最難設防的偸窃——偸情

 「偸情」は不倫をし、私通することである。中国の伝統的価値観では、男女が人目を忍んで合うことは、「偸窃」(窃盗する)と同質なことだと思われたため、そのことを「偸情」と呼ばれるのである。今の中国では、「偸情」が正当化しつつあり、もはや防げなくなったのである。

 最熱閙的走廊——髪廊

 「走廊」は廊下のこと、「髪廊」は床屋のことである。「髪廊」はむかし、理髪店と呼ばれていたが、社会の変容に伴って「髪廊」という台湾の言い方を借用するようになった。しかし、一部の「髪廊」は理髪やマッサージのほか、風俗営業も兼ねているので、社会的問題となっている。

 最暢銷的書——秘書

 「暢銷」は、売れていること、「書」は本のこと。「秘書」は秘書のことだが、ここでは書物に比喩されている。各業界の長たちは、秘書をつけるのを時代の流行とし、そしてその秘書たちはたいてい長たちの愛人と見なされている。今の中国では、美貌で若い秘書が売れっ子になっているという。

関連キーワード
^