THE EPOCH TIMES

工場に巨大陥没 6人生き埋めに=福建省

2010年10月22日 08時22分
 【大紀元日本10月22日】福建省龍岩市にある工場の敷地内で19日、突如直径50メートルにわたって地面が陥没し、従業員6人が生き埋めとなった。21日10時現在でも行方不明になっている。中国国内メディア・東南快報が伝えた。

 陥没が起きたのは龍岩市にある石灰工場。19日午前11時半頃、大きな地響きとともに、直径50メートル、深さ30メートルの巨大な陥没穴ができた。陥没した場所にあった工場の食堂が倒壊し、中で昼食をとっていた6人の従業員が穴の中へと消えた。

 「まるで地震のようだった」と目撃者の頼さんが陥没時の様子を語っている。工場棟へ向かって歩いていた頼さんは、後ろから大きな音が聞こえたので、慌てて前方へ走った。振り向いたら、今歩いて来た道と周辺の地面は消え去り、巨大な地穴があいていたという。

 今回の陥没で、6人が食事をしていた食堂が倒壊したほか、工場棟や民家2軒も大きく損傷したという。

 工場の従業員と現地住民の証言によると、昨年も、今回の地点から200メートルの所で陥没が起きていた。陥没の原因は石灰石の過度の採掘にあるとの見方がある一方、専門家は、地表水と地下水の長期的な作用による「自然陥没」だと主張している。

 6人の救助活動は今も続いているが、生存の可能性は極めて低いという。

(翻訳編集・張凛音)


関連キーワード
^