THE EPOCH TIMES

「文化大革命」を生き抜いた米国人孤児の実話(上)

2010年10月31日 11時25分

 1960年代から70年代にかけて10年間続いた文化大革命の嵐。それは中国の全国民を巻き込んだ粛清運動だった。迫害に耐え切れず自ら命を絶ったり、拷問により命を失った知識人は数百万人から一千万人以上とも言われている。深遠な中華民族の伝統文化もこの時期にことごとく破壊された。そんな狂気の年月を生き抜いた一人の米国人孤児がいた。海外中国語誌「新紀元週刊」は、彼女が遭遇した様々な出来事に焦点を当てた。本サイトでは2回に分けて紹介する。
 

***********************************************


 「文化大革命」が始まり、学校の「大字報」(壁新聞)は、校内に米国帝国主義とつながりを持つ「スパイ嫌疑者」が潜伏しているとほのめかし始めた。いやな気配を感じた韓秀は決心した。「新疆へ行こう」と。それから9年間、彼女は新疆のじめじめした穴ぐらで、塩ゆでの白菜とトウモロコシ粉のパンで飢えをしのいだ。極度に厳しい肉体労働のなか、彼女の唯一の心の支えは生きてそこから出ることだった。

 1948年9月、太平洋上を航海していた一艘の米国軍艦、その甲板には、米国人の若夫婦と息子のジョン、そして2歳の女の子テレサが立っており、遠方を眺めていた。ニューヨークからやってきた一行は上海に向かっていた。宣教師である両親を説得して、危険と動乱に満ちた中国から一刻も早く連れ戻すつもりだった。当時の中国は、共産党の軍隊が旧ソ連の支援を受け、東北地区では国民党軍と熾烈な内戦を繰り広げていた。

戦火の中、親族を頼って上海へ

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^