THE EPOCH TIMES

教会の中にある世界で最も美しい書店=オランダ

2010年11月25日 07時00分
 【大紀元日本11月25日】オランダ・マーストリヒトの中心部に、800年の歴史を持つ教会を利用した大型書店がある。書店の名前は、セレクサイズ・ドミニカネン(Selexyz Dominicanen)。その荘厳さは、建築インテリア賞の「Lensveltde de Architect」を受賞し、08年に英ガーディアン紙が、「世界で最も美しい書店」と称賛したほど。

 書店のデザインは、オランダの建築士マーキス(Merkx)氏とギロド(Girod)氏の共同設計。ゴシックの建築と本棚が見事に融合している。静かに本の世界に溶け込める憩いの場所として、人々に愛されている。

書店内(教会内)の一角は、カフェになっている。ここはかつて、聖歌隊が歌う場所だった

2階で本を選びながら、教会の美しい建築を眺めるのもいい

荘厳な空間に置かれた本棚

クリスマス色になりつつある教会の書店

天井から降り注ぐ柔らかい自然光に照らされ、ゆっくりと本を選ぶひととき

(翻訳編集・豊山)
関連キーワード
^