印刷版   

2010年11月2日に撮影されたスーパースターのパウル2世(AFP社)

2010年エンタメニュース 予言タコ 卵ハウスなど 前編

 【大紀元日本1月3日】2010年、AP通信は「日本にとって、忘れたい年(2010 was a year to forget)」と題し、日本の「忘年会」を揶揄する記事を発表した。旗艦企業トヨタはGMの嫉妬を買って米国で1000万台リコール、首相は3年間で4人が交代、尖閣諸島問題、露大統領の北方領土上陸。深刻な少子高齢化問題に手を打たないと「日本はSFの世界にしかみられない超高齢化社会に突入する」と、外交紙「フォーリン・アフェアーズ・レポート」11月号は警告する。若者の雇用問題も深刻で、新卒生は50社受けても内定が得られない。2011年へ残された課題は山積みだ。

 しかし、人は下を向いていては前に進めない。私たちを笑わせ、元気を与えてくれたエンタメニュースをもう一度振り返ってみよう。

 2010年FIFA 南ア・ワールドカップ 予言タコのパウル君

 西ドイツのオーバーハウゼンン水族館(Oberhausen Sea Life Aquarium)が所有し、2010年FIFAワールドカップで8試合の勝敗を見事に的中させたことで一躍スーパースターとなった「予言タコ」のパウル君。惜しまれながら、2010年10月26日にこの世を去った。その翌月3日、「予言タコ」パウル2世が同じ水族館に移り住んだ。2世はフランスのモンピリエル(Montpelliere)の出身で、パウル君と同じ予言能力を持っているとされているが、そのお披露目は2012年のワールドカップ開催までお預けだ。

 中国北京 卵型住宅に住む若者 

 
たまご型住宅の外観(大紀元資料室)

北京在住の青年・戴海飛さんが、高い家賃から逃れるために卵型ミニ住宅を製作(大紀元資料室)

2010年、北京などの都心部で貧困にあえぐ中国の若者の状況は深刻さを極めた。大学を卒業しても安定した職に就けず、劣悪な環境で共同生活を送る「蟻(アリ)族」や、一般の賃貸住宅(地上)の家賃が高すぎるために窓のない地下の狭い部屋でシェアして暮らす地方からの学生「鼠(ネズミ)族」などの言葉が流行した。これに次いで昨年11月、家賃を逃れようとした若者が、北京の海淀区に自作の移動式住宅に住み始めた。

 高さ約2メートルの鉄筋の骨組みに、外側に編み込んだ竹が覆いかぶさるこのミニ住宅は、いつでもどこへでも移動できる。中には長さ約1メートルの「ベッド」と水圧ポンプ付き水槽が備わっている。本人によると、制作費は約6000元(約7万8000円)。戴さんは10月からこの自作卵型ハウスに住みはじめたが、メディアの報道で多くの注目を浴びたため、都市管理の「城管」の目に留まり、住居は撤去されてしまった。

 1.7トンの紙吹雪=日本の美しい奇観

 
5年ぶりに千葉ロッテマリーンズは日本一に(千葉ロッテマリーンズ優勝パレード実行委員会)

2010年、千葉ロッテマリーンズは5年ぶりの日本一に輝いた。優勝パレードは幕張新都心で行われ、約20万人のファンが沿道に詰めかけ、歓声と視界を遮るほどの大量の紙吹雪が宙を舞った。美しい奇観を作ったのは地元の商店会や自治会で、10日間かけて1.7トンの古新聞を切って用意した。

 米10歳男児 215枚のパンツ重ね履きで世界記録

 米国のジャクソン君(10)は自分の誕生日に一度に多くの下着のパンツをはき、世界記録を更新した。ジャクソン君が一気にはいたパンツの枚数は、なんと215枚。途中、パンツの重みでバランスを崩しそうになったジャクソン君は、ベランダの欄干につかまって持ちこたえた。これまでの世界記録は、211枚。ジャクソン君は5年前に始まったイラク戦争で怪我をした米軍兵士に募金するため、世界記録に挑戦したという。

 チリ炭鉱事故奇跡の救出 不思議な数字

 
2か月間の努力でチリ炭鉱事故現場から全員を無事救出できたことを祝う全国の国民(AFP)

チリ北部で発生した炭鉱事故現場に閉じ込められた33人の作業員は69日目に全員救出された。この救出劇にかかわる不思議な数字がチリの国民の間で話題を呼んだ。その数字が「33」である。

 閉じ込められた従業員は33人で、当局が救出用の坑道の掘削を完了させたのが33日目。掘削作業を担当した企業によると、この作業には1日につき1人を派遣しており、全過程で33人が救出作業に充てられたことになる。また、坑道の直径は66センチでちょうど33の2倍になる。

 また、救出活動を開始した日時は2010年10月13日で、10/10/13と表示した場合、その合計は33になる。さらに、最初に地上に送りだされた救援メッセージを一文字ずつ数えるとちょうど33となる。炭鉱作業員サゴビアさんのお姉さんは、「全ての出来事は33と関連しており、全てに当てはまっているから、奇跡としか言いようがありません」と語った。因みに、一部のカトリック教徒の間では、十字架にかけられた時のキリストは33歳だったと信じられている。

 
(翻訳編集・曲豆)


 (11/01/03 07:00)  





■キーワード
タコ  たまご型住宅  紙吹雪  チリ炭鉱事故  FIFA  


■関連文章
  • FIFAワールドカップの占いタコ、コマーシャルスターに(10/08/12)
  • W杯予言100%的中、「スーパースター」のタコにトロフィー授与(10/07/16)
  • 【本との話】タコはいかにしてタコになったか(09/06/14)
  • 【エンタ・ノベル】麻雀の達人(2)-祖母の血脈、不敗の盲牌-(08/06/15)