THE EPOCH TIMES

【家庭料理】 ホタテとれんこんの味噌炒め

2011年04月27日 07時00分

 【大紀元日本4月27日】

 材料(4人分)

 ホタテ貝柱250g、れんこん250g、いんげん100g、A(味噌、砂糖各大さじ2、酒、水各大さじ1)、片栗粉大さじ2、サラダ油大さじ2、

 作り方

 ① ホタテは水で洗って水けをふく。れんこんは皮をむき、厚さ3~4㎜の半月切りにして水に3分ほどさらして水けをふく。いんげんは長さ3~4㎝に切り茹でておく。ボウルに味噌、砂糖を入れ、酒と水を少しずつ加えて、合わせ味噌の材料を混ぜておく。

 ② フライパンにサラダ油大さじ1を中火で熱し、れんこんを炒め、透き通ってきたら取り出す。

 ③ ホタテに片栗粉をまぶし、②のフライパンの汚れをふき取り、サラダ油大さじ1を中火で熱し、ホタテを入れて両面を焼き付ける。

 ④ ③にいんげんを入れて炒め、②のれんこんを戻し、合わせ味噌を加えて全体をからめて火を止める。器に盛れば、できあがり。

 一口メモ

 れんこんを先に炒めておくのがポイントです。

 

(文/写真・岡山禮子)

 

 

 

関連キーワード

関連特集

^