THE EPOCH TIMES

人民日報、「北朝鮮の子供たちは一日5食」、非難が殺到

2012年06月15日 10時01分
【大紀元日本6月15日】北朝鮮国内で多数の餓死者が発生していると報じられる中、中国共産党機関紙「人民日報」は11日、「北朝鮮の幼稚園の子供たちは毎日5回の食事を取っている」と報じ、読者から皮肉と怒りのコメントが殺到している。

 このほど、ピョンヤンを訪れた「人民日報」の女性記者団は北蒼光幼稚園を訪問し、記事で次のように幼稚園訪問を紹介している。

 「1.3万平米余りの敷地内で、70数人の先生は8百人余りの幼児を世話している(中略)。食堂は広く、明るく、清潔感があふれる。専門資格をもつ栄養士がバランスの良い食事を提供している。子供たちは、ここで毎日5回の食事をとり、生まれてから社会に出るまで、北朝鮮の児童はきめ細かい保育と良好な教育を受けており、非常に感動した」。

 また「多胎児の場合、国家最高指導者からのプレゼントがもらえ、女の子には金の指輪、男の子には銀の刀。教育費用も全額国が負担する」、などの記述もあった。

 同記事はネットを中心に次のように皮肉を含んだ大きな反響を呼んでいる。

 「飢餓の国だけが、一日に5食と顕示するのだ」。

 「人民日報の責任編集者の子供たちを幸せな北朝鮮の幼稚園に入れたらどうでしょうか」。

 「今になってもいまだに公然と嘘を言いふらしている。特に理解し難いのは、嘘をついているのをだれもが知っているのに、それでも嘘を押し通している。誠に許せない」。

 幼稚園訪問紹介記事を象徴するように、ボイス・オブ・アメリカ(VOA)は、人民日報社長の張研農氏はこのほど、インターネットが発達する今、中国政府系メディアの信用が低下し続けていると認め、「若者の嫌味を聞いたことがある。つまり、半日間ミニ・ブログ(微博)を読めば、(中央電視台の)ニュース報道を1週間以上見続けないと、思考回路が元に戻らない」と話しているとVOAの記事で紹介している。

 今回、殺到する嘲笑、罵声、批判に対して、人民日報はコメントを出していない。

(翻訳編集・叶子)


関連キーワード
^