中国の子供、太り過ぎが倍増 身長体重は大きく増幅

2015年07月02日 15時01分
【大紀元日本7月2日】中国衛生・計画生育委員会は6月30日、人口の栄養と慢性疾患に関する2015年報告書を発表した。それよると、10年前の統計と比較して6歳~17歳の青少年の身長体重は著しく増幅した。同時に、肥満の割合が前回のおよそ2倍になったという。

 都市部より地方部が変化は著しい。発表によると、都市部の女子は全土平均比で1.8センチメートル背が高く、体重は同比2.1キログラム重い。また男子は2センチメートル高く、3.6キログラム重い。地方部は女子が3.5センチ高く、3.4キロ重い。男子は4センチ高く、4.7キロ重い。

 一方、子供の肥満は深刻化している。同調査では肥満の子供の割合は6.4%に上り、10年前と比べ約2倍になったことが明らかになった。また6月15日に、北京市衛生計画生育委員会が3年に1度行う「慢性病リスク測定調査」では、同地区の小中学生の16パーセントが「太りすぎ」で、前回比で3パーセント増になったという。

 太り過ぎの青少年は肥満関連の疾患があると指摘している。2013年度の白書では、31パーセントが高血圧で、66パーセントが高血糖だと伝えた。

(翻訳編集・佐渡 道世)


関連キーワード
^