THE EPOCH TIMES

ミス・ワールド目指したモデル 「麻薬密輸の疑い」で逮捕 死刑の可能性も=広東省

2015年08月09日 12時58分

 ミス・ワールドのコロンビア代表を目指していた同国モデルが、中国の空港で「麻薬密輸の疑い」で逮捕された。薬物関連の犯罪に対して非常に厳しい中国の司法では、死刑を科せられる可能性もある。

 ニューヨーク・デイリー・ニュース30日付けによると、ジュリアナ・ロペスさん(22)は7月18日、持ちこんだコンピュータの中に向精神剤を入れていたとして、広東省の広州白雲国際空港で逮捕された。現在も拘束されている。

 コロンビア紙エル・ティエンポが伝える家族の話によると、ミス・ワールドのコロンビア代表を目指すロペスさんは、衣類やアクセサリを購入するために中国へ向かったという。連絡が途絶えたために在中国コロンビア大使館に連絡すると、拘束されていることが判明した。

 モデルのロペスさんは、ミス・ワールド・コロンビア代表の座を目指していた。7日から開催される同国の予選大会にも出場予定だったが、逮捕の報道を受けて、主催者はロペスさんを失格と見なした。

 家族や、ロペスさんの所属していたサッカークラブは、国際的な有力弁護士を雇うために、寄付を募る計画を立てている。

 中国は、たとえ外国人であっても薬物犯罪に対して厳罰を下すことで知られている。6月下旬にも、覚せい剤を売買したとして死刑が確定していた日本人に、刑が執行された。4月にも、オーストラリア人が昨年、覚せい剤運搬に係わったとして、広州検察が死刑を求刑した。

(翻訳編集・佐渡 道世)

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^