ベトナムからの便り「荒んだ人生を一変させた本」(1)

麻薬中毒で生活は荒れ果て、窃盗の罪を犯して刑務所に入ったチョン。しかし彼は獄中で出会ったある本によって新しい人生を得ることができた。
2022/03/09

米、マルクス主義ゲリラ組織のテロ組織指定を解除

米国務省は11月30日、南米コロンビアのマルクス主義ゲリラ組織・コロンビア革命軍(FARC)のテロ組織指定を解除すると発表した。ブリンケン国務長官は声明で、「正式に解散しており、テロ活動を行う能力や意思もない」と強調した
2021/12/02 山中蓮夏

米・カナダ、10代の大麻使用が増加 電子タバコが助長か=研究

最近の研究によると、北米では麻薬を使用する10代の若者の数が2013年から2020年の間に倍増し、1カ月間に使用する麻薬の量が過去の同時期の7倍になっていることが明らかになった。CDCのデータによると、麻薬は思春期の脳の
2021/11/28 蘇文悦

不法移民ガイドラインをめぐりバイデン政権を提訴 3州の司法長官

中南米から米国に流入する不法移民が絶えない。この度、入国管理局が犯罪以外で米国内の不法移民を取り締まらないように命じたガイドラインをめぐって、3つの州の司法長官がバイデン政権を提訴した。
2021/11/21 山中蓮夏

スウェーデンからの手紙「麻薬中毒から脱した友人の話」

ジョンは20年近くにわたって麻薬漬けの毎日を送ってきました。その中毒のため、全く無気力のまま、自分の人生を浪費してきたという、暗黒の日々があったのです。しかし彼に転機となった出来事が起きました
2021/10/04

米、 違法薬物販売で中国籍男を指名手配 500万ドル懸賞金提供

米国務省は8月30日、国際犯罪組織のリーダー格、中国国籍の張建(ちょう けん、Zhang Jian)の逮捕につながる有力情報の提供者に、最大500万米ドル( 約5億5000万円)の懸賞金を与えると発表した。
2021/09/01

テキサス保安官「国境危機ではなく、善と悪の戦い」

米国国境から200マイル北に位置するテキサス州ゴリアド郡のロイ・ボイド保安官は、スペイン語で書かれた警告標識を郡の境界に設置しました。
2021/08/16

【漢字パズル】大□、□黄、蕁□、□薬

□に入る漢字を考えてください。 適当な漢字を入れることによって、「"大□、□黄、蕁□、□薬"」という4つの二字熟語ができます。
2021/04/25

国家安保と退役軍人プログラムに注意を向けるスリランカ

スリランカ内戦が終結してから10年以上を経た今、スリランカは、国家安保と退役軍人の支援プログラムに投資する平時の防衛予算策定に再び目を向けている。
2021/02/09

クマ、ライオン、タイガー 不思議な仲良し3兄弟

アメリカグマ、ベンガルトラ、アフリカライオンが仲良しに? 獰猛さで知られる動物たちが、兄弟のように仲良く暮らしています。幼いころ一緒に監禁されていたため、絆を強めたのかもしれません。
2020/03/29

【紀元曙光】2020年2月16日

名前を挙げるまでもないが、著名なシンガーソングライターが覚せい剤取締法違反などの容疑で逮捕された。しかも当人は、今回が初めてではない。
2020/02/16

米移民局、人権侵害容疑で中国共産党幹部4人逮捕 一人っ子政策で中絶強要

米国移民税関送還局(ICE)はこのほど、違法移民の全国一斉取り締まりで、16カ国からの39人を人権犯罪等の容疑で逮捕した。うち4人は中国共産党役人で、中国当局の人口抑制策に基づき強制的な中絶と不妊計画の執行に関わった容疑だという。
2019/09/09

上海発コンテナ船に750億円相当のフェンタニル「中国は引き続き毒を送っている」=米当局

メキシコ海軍は同国カルデナス港で、中国の上海発デンマーク籍のコンテナ船から、25トンものフェンタニル粉末を発見し、押収した。末端価格は750億円相当におよぶ。米麻薬捜査局はSNSで「中国は引き続き米国に毒を送り続けている」と警告を発した。
2019/09/04

ヘロイン中毒から抜け出して1年、クリーンに生きる女性

キャロライン・ベストはヘロインとコカインに翻弄される人生の中、15年間にわたって刑務所を出入りを繰り返していたとThe Mirror(イギリスの主要な日刊タブロイド紙)は報道する。
2019/09/02

米委員会、中国製薬品への深刻な依存に警鐘「10年後、ジェネリック製造力失う」

中国は世界的なジェネリック医薬品と医薬品原料の主要輸出国だ。専門家らは、米国市場に長年製品を供給してきた中国の製薬業界は、国家安全保障上の脅威であると分析する。
2019/08/01

米沿岸警備隊、洋上で不審船に飛び乗り トランプ大統領「とても勇敢だ」

米国沿岸警備隊は7月11日、3カ月にわたる東太平洋地域の薬物取締活動を終え、サンディエゴで報告を行った。警備隊が公開した動画には、隊員が洋上で、不審な半潜水艦に飛び乗って船内への立ち入り検査を試みる様子が映っている。
2019/07/13

BIGBANG V.I(スンリ) 6月25日に入隊延期

今月(3月)20日に韓国兵務庁は、BIGBANGのメンバーであるV.I(スンリ)が調査を受けるために申請した入隊延期が許可した。3ヶ月延期となり、6月25日に陸軍に入隊予定である。
2019/03/27

飛行機の客室乗務員が「運び屋」ケースにぎっしり3億円分のコカイン=LA

薬物を流通させた罪でロサンゼルスで服役した、米航空会社の元女性客室乗務員が4月、釈放された。ミス・ジャマイカにも選ばれたことのあるこの女性は2年前、キャリーケースにぎっしりと詰め込まれた3億円相当のコカインを、ロサンゼルス空港で運搬し、放置した。
2018/04/12

「覚せい剤はコメより流通」北朝鮮は「ヒロポン」で外貨獲得、労働刺激

国際的な制裁により経済にダメージを受けている北朝鮮は、外貨取得のために、覚せい剤の輸出に力を注いでいる。ヘロインの原料になるケシの生産と輸出量が減少するなか、台頭してきたのは、日本でも「ヒロポン」「スピード」などの名で知られる覚せい剤、メタンフェタミンだ。
2017/11/30

クマ、ライオン、タイガー 不思議な仲良し3兄弟

アメリカグマ、ベンガルトラ、アフリカライオンが仲良しに? 獰猛さで知られる動物たちが、兄弟のように仲良く暮らしています。幼いころ一緒に監禁されていたため、絆を強めたのかもしれません。
2017/07/30

謎の荷物を抱える北朝鮮「外交官」 検査を拒否しアメリカ税関職員ともみ合い

米国ニューヨークのジョン・F・ケネディ国際空港で16日、北朝鮮籍の3人が荷物検査を逃れようと抵抗したため、税関職員ともみあいになる騒動があった。米CNNなどで報じられるところによると、3人は米国へは入国できず、北朝鮮へ戻ったという。荷物の中身は公表されていない。マレーシアの空港で金正男氏がVX剤で殺害された事件では、北朝鮮当局者の関与が報じられ、国外へ渡る北朝鮮官員の動きに各国は警戒が高まっている。
2017/06/21

中国農村部でドラッグ流行 冠婚葬祭でも「おひとつどうぞ」

中国では今、ドラッグの蔓延が深刻な社会問題となっている。中国メディアが報じたところによると、麻薬はすでに農村部にまで広まっており、一部の農村では冠婚葬祭で、まるで煙草をやりとりするように気軽に麻薬を勧めあう様子が見られる。
2017/05/01

欧米に毎月6000万円相当 覚せい剤を製造・密輸 武漢の准教授に有罪

欧米に毎月6000万円相当の覚せい剤を輸出していたとして、昨年逮捕された中国武漢の大学の准教授に6日、有罪判決が下った。
2016/12/10

シカゴで銃撃事件頻発 先週末で死者17人

 先週末、アメリカ第三の都市シカゴで銃撃事件が頻発し、死者17名、負傷者40名以上を記録した。これは十数年来最悪の事態となった。
2016/11/02

中国の麻酔鎮痛剤 米で麻薬原料となり被害甚大

ブラウンフィールド米国務次官補(麻薬対策担当)は17日の記者会見で、中国産のフェンタニル(麻酔・鎮痛剤)をヘロインに混合して作られる麻薬は、米国内で多くの死者が出ていることを明らかにした。
2016/06/20

中国で深刻化する麻薬の蔓延 使用者1800万人超すか

中国当局は最近の報告書で、麻薬患者収容更生施設に登録されている麻薬中毒患者数が234万5000人に達していると発表した。これはあくまでも登録済の人数で、実際には1800万人を超える中国人が麻薬を使用していると推定されている。使用者の低年齢化も進んでいる。
2016/02/21