中国の人権弁護士

「中国共産党体制は2017年に終わる」ノーベル賞候補の中国人権弁護士

2015/09/24 20:29

 中国の著名な人権弁護士・高智晟氏は、刑務所で拘留期間中に書き上げた未発表の著書で、共産党の専制政治は2017年に終わると予測していることが明らかになった。米AP通信による5年ぶりの高弁護士へのインタビュー内容でわかった。

 敬虔なクリスチャンである高弁護士は、土地収用や貧困者などの弱者を無料で弁護したことで、国内外で名を馳せた。迫害されている気功法・法輪功や地下教会の問題を担当したことで2006年に「国家政権転覆扇動罪」で逮捕された。その後、釈放・収監と自宅監禁が繰り返されている。

 2014年8月に釈放された高弁護士の心身は、「破壊」していると伝えられていた。中国在住の家族の話では、歩行が難しくなるほど衰弱し、会話にも支障が出たという。しかし、今回のインタビューでは通常の会話ができるほど回復していた。

 「私たちが生きて出所するたび、敵の負けだ」と高弁護士は述べた。迫害にもかかわらず、中国から離れないと決意している。妻と子は、米国難民として保護を受けており、夫の自由を求めて米政府や人権団体へ働きかけている。

関連特集

注目記事
^