習主席の訪米

習氏の訪米直前、中国軍機が米軍機に異常接近 外交を撹乱する中国軍

2015/09/30 16:08

 9月22日、習近平・中国国家主席は夫人とともに米国を正式訪問した。その一週間前、中国軍が米軍機に異常接近するという「事件」が起きた。習主席が外国訪問中に、軍部が「暴走」するケースは昨年も起きている。同9月にインド訪問中、カシミールへ中国軍が侵入した。中国の政治闘争は、外交にも飛び火している。

 米国防総省のクック報道官は22日の記者会見で、黄海上空の国際空域で15日、中国軍の戦闘機が米軍の電子偵察機に異常接近していたことを明かした。中国山東半島から東約130キロの黄海上空で、中国軍のJH7戦闘機2機が、アメリカの電子偵察機RC135に近づき、同機の前方を危険の形で横切った。うち1機は偵察機前の約150メートルを通過したという。

 米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは22日付けで、中国軍機が「私の鼻の前をかすめて通過した」と、米軍偵察機のパイロットの話を伝えた。米軍太平洋軍司令部は、中国の危険な行動がアメリカ偵察機及びパイロットに傷害をもたらしかねないと声明を発表した。

 昨年8月、南シナ海上空で中国軍戦闘機が米軍の対潜哨戒機に約9メートルまで異常接近し、下方30メートルを通過するなどして挑発した。当時、米政府は中国側を強く非難したが、今回は「前回と同じではない」と述べるにとどめた。中国外交部のスポークスマン・洪磊氏は「事情を知らない」と述べ、詳細を明かしていない。

関連記事
注目記事
^