大人も夢中 ダンボール合戦「Boxwars」流行

2016/02/18 07:00

 近年、オーストラリアの若者の間で段ボールを使って鎧や武器、装甲車などを制作して戦う「Boxwars(ダンボール合戦)」というゲームが流行っている。戦い方はシンプルで、武器を用いて相手を破壊するのみ。それぞれ精巧に作られた武器を見ると、思わず童心に返ってしまうだろう。

 ダンボール合戦は、オーストラリア出身ロス・コガーさんが10年前に友人とお酒の席で思い付いたゲームである。最初は自宅の裏庭で遊んでいたが、人が増えるにつれて装備が収容できなくなったため、近くの公園で遊ぶようになった。

 その結果、彼らの遊びは多くの人を惹きつけ、参加者がどんどん増えていった。今では国際的なゲームにまで成長したダンボール合戦、「Boxwars Council」というダンボール合戦委員会を設立し、各テーマに分かれて試合を開催しているという。

(翻訳編集・山本アキ)

関連記事
注目記事
^