THE EPOCH TIMES

なぜ中国はボールペンのボールが製造できないのか 企業の本音「模倣されるから」

2016年03月22日 01時16分

 中国の李克強首相が1月に「中国は現在ボールペンのボールすら製造できない」と発言したことについて、現在、中国国内で広く議論されている。なぜ中国製造業がボールペンのボールを製造できないのかについて、国の専門家は材料科学の技術不足、法的保障がなく直ちに他の企業に模倣される恐れがあるなどの原因で、中国企業がボールペンのボールを製造しないようにしていると分析した。3月16日付国内ニュースサイト「澎湃新聞」が伝えた。

 同サイトは、精密工作機械やガスタービン、半導体部品など、中国製造業が低価格製品から高価格製品製造へ躍進できない主な理由は、材料科学の発展の遅れだと指摘した。同記事によると、中国政府は長い間、材料科学の発展に対して投資しており、他の主要大学や研究機関や企業なども技術革新の課題を担ってきたが、よい効果と結果を得られていないのが現状だという。また、ボールペンのボールも生産できないことを李首相に指摘されたことは生産大国(である中国)のメンツをつぶしたとも言えると批判した。

 この問題について、同済大学材料科学および工程学院教授で、上海微譜技術公司創業者の任天斌氏は「澎湃新聞」に対して、「技術秘密保護措置の不足が技術科学の遅れの根本的な原因だ」と述べた。

 任氏は材料生産産業の遅れについて、「例えば、家電製品の部品など他の製品と比較すると、材料の再現と『二次技術革新』が難しい。材料生産技術は目にしたからと言ってすぐに習得できるものではない。ある材料の成分や生産技術を完全に把握することができない」、「もう一つは、他の企業に模造されやすいため、多くの企業は財力と人力を投じたくないということだ。技術力の高い材料と精細な化学品は研究開発から産業化の実現まで時間的、資金的な投入が非常に大きい。しかし、これらの問題が解決されても、このような商業秘密が厳重に保護されることは難しく、技術が容易に不法拡散される。入手されるとそれほどの投資がなくても直ちに生産できる」との見解を示した。また、他の国と比べて、中国の材料生産産業の発展が遅く、基礎の原材料産業も他の国より遅れていると指摘する。

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^