「党員であることが恥ずかしい」共産党のマイナスイメージは常識に

2016/04/21 14:00

 中国共産党中央紀律検査委員会(中紀委)機関紙「中国紀検監察報」は3月24日、一部の党員が、党員の身分を、事情に合わせて公表したり隠したりしていると批判した。

 同記事によると、ある地方政府の党員幹部が海外旅行するため、申請資料の政治状況項目に「非党員」、勤務先の項目は「自営業」や「無職」と書いた。しかし旅行から帰ると、党員の身分を呈示し、費用を公務費として清算したという。

 ある大学生党員は就職する際、企業側に自分が党員であることを恥ずかしく思い、言わずにいる。また、ある党員幹部は、大きな仕事を任されたとき及び腰になるが、「昇進」と聞いた途端、わずかな業績や能力を誇張して自慢する。

 同紙は「党員である身分を公にするかどうかは完全に自己利益を基準にしている」と批判した。

 同記事は中国国内の多くのメディアに転載された。ミニブログサイト「新浪微博」では転載されて半日も経たないうちに、3万人以上のネットユーザーからコメントを寄せられた。

 広東省恵州のネットユーザーは「就職活動で会社説明会に行ったら、党員を募集しないと明言した会社があった」と書き込んだ。浙江省杭州のネットユーザーは「大学で共産党に入党した人の目的はほとんど、卒業後に公務員になることで、党幹部から重要視されたいからだ。一般企業の社長はこういうのを信じない」と指摘した。

 また自己利益で党員の身分を公にするかどうかについて、山東大学元教授は「共産党に入党して、その後、共産党の腐敗を知れば、もう自分を共産党員と認めたくなくなった。これは中国の、世界の流れだ。共産主義が大きな災いをもたらすことに気づいたら、捨てるべきだ」とコメントをした。

 同様の話は、過去にもネットで話題となっていた。2011年5月中旬「新浪微博」では、ある党員の女子大学生が就職活動で企業の面接を受けたとき、面接官が「あなたは党員ですか」と質問したところ、女子学生は震えた声で「党員の中でも良い人はいます」と答えた。

 在米中国政治評論家の陳破空氏は今月2日、米VOAの取材に対して「中国共産党員のイメージはすでに汚れていて、密告、裏切りと悪人の代名詞となった。党員らの入党の目的がすでに純粋ではない。ほとんどは利益を図り、特権を受けられるようにと入党を希望した。多くの党員が自らの党員身分を隠そうとしたのは、無意識的に自己否定しているからだ」と分析した。

 「党員」はすでにソーシャル・ネットワーキングサービス(SNS)上でマイナス的な言葉となって、さらに人を罵るときに使う言葉になった。「あなたは党員だ」「あなた一家、みんな党員だ」などがある。 

編集部からのおすすめ
関連記事
注目記事
^