迫害と修練

法輪功とは何か 受賞歴ある元テレビディレクターの半生から(2)

2016/05/21 07:00

 この記事は、法輪功とは何か 受賞歴ある元テレビディレクターの半生から(1)のつづきです。


 職場で法輪功をやめるよう迫られる

 李軍さんは公安局留置所から解放された後、務めていた南京市テレビ局に戻ったが、もとの仕事ではなく総務の部署に異動した。中国共産党は法輪功に対して徹底した迫害政策をとっており、会社側も李軍さんに法輪功の修煉をやめるよう説得した。

 一方で、修煉をやめるよう迫ったテレビ局側も、中国共産党の法輪功に対する宣伝はネガティブキャンペーンだとわかっていた。しかし、1989年の六四天安門事件にみられるように、丸腰の民衆に軍事力を投じて鎮圧するような凶悪さをもつ共産党に歯向かうものは少なかった。「長いものには巻かれろ」「平穏な暮らしを大切に」などと李軍さんに考えをかえるよう求めた。

 李軍さんによると、当時、中国共産党が宣伝していた人物リスト『法輪功の修煉で死亡もしくは精神病になった例1400』について、南京市住在の学習者が1人いたという。しかし、「周囲はその人が法輪功の学習者ではないことは知っていた」「テレビ局は真実をわかっていながら、共産党の迫害政策を受け入れた」と述べた。

 真夜中の拉致

 2001年、夏の暑さも和らいできた9月9日の夜のことだった。李軍さん夫婦が就寝の準備をしていると、「ドンドン」と門を叩く音がした。扉を開けると公安の制服を着た5人の男性が無理に入ってきた。捜査令状も提示せずに家宅捜索を強行し、パソコンや法輪功の書籍を押収して、李軍さんに手錠をかけ連行した。

 騒がしさで2歳の息子・陽陽は目が覚めた。目の前で父親が捕らわれるのを目にした。「悪い人」を取り締まる警官は、父親を連れて行った。

 その日から陽陽の口数が減った。ある日、陽陽は「お母さん、僕は警官を見たくない。僕、恐い」とつぶやいた。息子にどう話せばいいのか、王晶さんは胸をえぐられるような思いだった。

 幼稚園の先生がある日、陽陽の様子が最近変だと母親の王晶さんにたずねた。王晶さんは、父親が連行されていくのを見たと話すと、先生は同情して、陽陽の保育に配慮してくれたという。

「当時、陽陽はまだ幼く、心のダメージは大きかった。陽陽は幸い優しい先生に恵まれ、幸いだった。孤児になった法輪功学習者の子供もいる」。

 中国共産党の法輪功への迫害により、学習者だった両親や祖父母など保護者が強制連行されたため、多くの子供が孤児になった。

関連特集

関連記事
注目記事
^