めずらしい雲

シベリアでキノコ雲観測 核爆発?事故?通報相次ぐ

2016/09/04 11:48

 8月29日早朝、ロシアのシベリア西部ケメロボ州で核爆発のキノコ雲と見間違える程の巨大な積乱雲が発生。住民からどこかで核爆発が起きたのではと心配する多くの通報が届いた。

 シベリア西部ケメロボ州で発生した巨大積乱雲は、キノコ雲と形がそっくりなうえ、太陽の光で下部が黄金色に染まり、まるで核爆発後のキノコ雲のようであると多くの住民を驚かせた。

 現地メディアによると、巨大積乱雲を目撃した住民から「どこかで核爆発が起きているのでは」という心配の声が多く寄せられた他、「ケメロボ州の炭鉱が爆発したのでは」との問い合わせも寄せられた。

 住民に対して緊急サービス部門は、巨大積乱雲は「かなとこ雲(Cumulonimbus capilla)」という正常な天気現象であると説明し、現地で核爆発や火災事故が発生していないことを報告した。

(翻訳編集・山本アキ)

注目記事
^