江沢民派最後の反撃か 中国最高裁・検察の「司法解釈」(2)

2017年02月20日 13時00分

「両高」の司法解釈、狙いは法輪功学習者

 「両高」の「解釈」には、邪教のリストが明確に言及されていない。しかし、列挙された刑罰の構成要件はすべて、中国国内で受けた迫害の事実を訴える法輪功学習者を対象としていることが明らかだ。

 1999年7月20日、江沢民は「真、善、忍」を生活準則に修練する1億人の法輪功学習者に対して過酷な弾圧を始めた。「物理的に消滅し、名誉を失墜させ、経済的に破綻させよ」という内部指針を定め、法輪功学習者に対して、「殴り殺しても自殺とみなし、身元確認せずに火葬せよ」という政策を施行してきた。このため、数えきれないほど多くの法輪功学習者が拷問等の迫害で死亡し、臓器を強制的に摘出される未曾有の事件まで発生した。

 しかし、中国公安部が2000年と2005年にそれぞれ発表した公文書に記載されている14種の邪教リストに法輪功は含まれず、全国人民代表大会での決定及び両高の「解釈」にも法輪功が邪教だという内容は見当たらない。

政法システムは主要な法輪功迫害機構

最高裁判所にあたる最高人民法院の正面玄関(Rneches/wikimedia commons)
^