米国か中国か 貿易戦争で勝つのはどっちだ(2)

2017年03月29日 06時00分

 米中貿易戦争が始まれば、明らかに中国の方がより多くの損失を被る。米国は、中国の最大の貿易相手で、中国の対米輸出は輸出全体の20%を占める。また、中国の米国からの輸入は輸入全体の10%を占める。中国の対米輸出は中国国内総生産(GDP)の3.8%となっているが、一方で米国の対中輸出が米国GDPに占める割合はわずか0.65%。

 2015年~16年において、米国が中国に大規模に輸出したのは飛行機(132億ドル、約1兆4652億円)、大豆(128億ドル、約1兆4208億円)、自動車(96億ドル、約1兆656億円)、電子部品(84億ドル、約9324億円)、原子炉および発電設備(26億ドル、約2886億円)。

 トランプ氏が「習近平国家主席の旧友」と呼ばれるアイオワ州知事のテリー・ブランスタッド氏を駐中国大使に指名したのは、中国当局が万が一、米国農産品などの輸入禁止措置に踏み切ることへの備えと推測する。中国人は、友人を家族の一員と見なす民族性から、友人の願いをなかなか拒めないからだ。 

駐中大使に任命された元アイオワ州知事でテリー・ブランスタッド氏。習近平氏の知己とされる。写真は2016年12月、ニューヨークのトランプタワーでの記者会見時(EDUARDO MUNOZ ALVAREZ/AFP/Getty Images)

中国製品の輸入制限で、米雇用拡大の可能性

 また、米中両国が直接に競い合っている産業は、金属製品、機械設備、自動車および自動車部品、ゴム、プラスチック、食品が挙げられる。これらの産業で働く人の数は、米国製造業全体の5~15%を占める。同時に、これらの産業の中国企業の対米輸出は、米国市場の約1~7%を占める。つまり、中国当局がこれらの産業の米国企業からの輸入を制限すれば、トランプ氏は米国での雇用拡大目標が実現しやすくなる。

^