北京の弁護士・余文生氏

「中国人、目を覚まして!」命なんて惜しまない(5)

2017年04月23日 13時00分

今の中国 真の安全など誰も保障されていない

 現在の中国では、真の安全を保証されている人など誰もいないのです。巨大な国家権力と対峙している私は、自分の力では妻子を守り切るなど不可能ですし、誰かを守り切れる人などいません。

 1960年代に(毛沢東の推進した大躍進政策の失敗により)起きた「大飢饉」を思い出してください。あのとき、数千万もの中国人が餓死しましたが、誰かを守るどころか、みんな自分のことさえ守り切れなかったのです。

2016年7月、北京の天安門広場近くの地下鉄入り口で、すれ違う女性と警察官(STR/AFP/Getty Images)

人の命よりも権力が一番大事

 警察が踏み込んできて私を連れ去った時、妻子を目の前にして何の説明もありませんでした。「お前が言うことを聞かないから連行する」といった具合でしょう。銃を持っている警察は彼らの権力を守るためのものであり、意のままに誰を迫害してもよいのです。過去数十年の間に、冤罪によって数千万もの人が命を落としました。ですが彼らにしてみれば、この数がいくら膨れ上がろうと知ったことではない。人の命よりも、権力こそが一番大事なのです。

 中国共産党の統治下で、たくさんの人たちが民主化を叫びましたが、多くの命が奪われました。共産党が政権をとった時、数百万人もの中国人が「反革命分子」として殺されました。「大飢饉」では、4千万もの人々が餓死しました。そして文化大革命では数百万の人が命を落としました。共産党政権が誕生して60年余りの間に、一体どれだけの人が非業の死を遂げたのでしょうか。正確なデータなど出す手段はありません。

 現在の中国社会は以前に比べ、表面的には進歩しました。ですが18大以降、中国の法治体制は著しく後退しています。いつ誰を拘束しようが、すべて当局の思いのままなのです。しかしながら、口先だけでも当局は民主主義、自由、法治国家を叫んでいて、身にまとっている民主主義という上着を脱ぎ捨てようとはしていない。

大衆が目を覚ませば民主主義は生まれる

関連キーワード
^