中国で金投資が人気急増 昨年同比3割増

2017年05月19日 10時00分

  中国で投資市場の不安材料が多い中、金投資の人気が高まっている。世界黄金協会(WGC)の統計によると、同国今年第1四半期のゴールド・バーと投資金貨の需求は前年同比3割増で100トンの大台に乗った。 

  専門家はその背景について、昨年末から強まっている世界情勢不安や、人民元安の傾向、不動産バブル崩壊の懸念&バブル抑制目的の購入制限などにより、投資家から一般市民までが資金や資産を、政治・経済の不安定にあまり影響されず、守りの資産といわれる金への投資にシフトしている、と分析した。

 

(翻訳編集・叶清)

 

関連キーワード
^