THE EPOCH TIMES

ジンバブエクーデターに中国の影 軍司令官が5日前に訪中

2017年11月17日 19時00分

  アフリカ南部ジンバブエでは15日未明、軍当局が首都ハラレの政府施設、議会への道を封鎖したほか、国営放送局を占拠し、クーデターを起こしたとみられる。ロイター通信などによると、ムガベ大統領と親族らは自宅軟禁下に置かれた。同国チウェンガ国軍司令官(61)は10日に中国訪問したばかり。専門家は、ムガベ大統領に不満を持つ中国当局が、ジンバブエ軍当局に対してクーデターを容認した可能性が高いとの見解を示した。

クーデターを起こした軍司令官が事前訪中していた

 ジンバブエ国軍の報道官は15日、国営放送局を通じて、「堕落した政治、社会、経済を正す」との声明を発表した。ジンバブエに社会的、経済的苦難をもたらしたムガベ大統領周辺の「犯罪者」を一掃するために行動を起こしたと説明。また、「任務の終了後、事態を正常に戻す」と述べた。

 ムガベ大統領は今月6日、後継者として指名した第一副大統領のムナンガクワ氏(75)を突如解任した。ムナンガクワ氏とグレース夫人との間では、次期大統領の地位をめぐって権力闘争が繰り広げられていた。ムガベ大統領がムナンガクワ氏を解任したのは、グレース夫人の大統領就任に向け対立勢力を取り除くためだったとみられる。

 ムナンガクワ氏に近いチウェンガ司令官は同氏の解任を受けて、「軍が介入するかもしれない」と反発した。その後、チウェンガ司令官は8~10日中国北京を訪れ、中国共産党中央軍事委員会の李作成・統合参謀部参謀長や常万全・国防部長とそれぞれ会談した。

 ムナンガクワ氏自身も中国指導部に近い。同氏は、ハイパーインフレによって経済崩壊したジンバブエで、新たな通貨として人民元の採用を提案したことがある。

 中国・ジンバブエ関係に詳しい専門家の間では、中国当局がクーデターを主導したチウェンガ司令官らの後ろ盾だとの推測が広がっている。中国国防部は、チウェンガ司令官の訪中は「正常な訪問活動」で、事前にジンバブエのクーデターに関する情報は知らされていないと主張した。中国外交部の報道官も15日、クーデター発生後、ムガベ大統領が中国に亡命したとの噂を否定した。

 中国当局がクーデターを容認か

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^