兵士が中央広場を占領、 大統領がクーデターを主張=ボリビア

ボリビアの武装部隊は水曜日(6月26日)、ラパス(La Paz)の中央広場を占領し、装甲車が大統領府の入口に突入した。左派のルイス・アルセ(Luis Arce)大統領はこの政府に対する「クーデター」を非難し、国際社会に支援を呼びかけた。
2024/06/29 李馨

中国共産党「紅二代」新戦略、習近平に台湾侵攻=権力掌握?

中国共産党の影響力ある紅二代グループが習近平党首に対し、台湾への軍事侵攻を強く推奨していることが明らかになった。この戦略は、習近平からの権力奪取を目的としており、彼らは台湾海峡での戦争を通じて政治的野望を実現しようとしている。
2024/06/03 寧海鐘、駱亞

ミャンマー軍政、数十人の治安要員投降 少数民族武装勢力が発表

ミャンマー軍事政権の治安要員数十人が投降したり、身柄を拘束されたと、反軍政武装勢力が15日に発表した。
2023/11/16 Reuters

スーダンで軍と民兵組織が戦闘、少なくとも59人死亡

アフリカのスーダンで始まった軍と民兵組織「即応支援部隊(RSF)」の戦闘は、国連職員を含めてこれまでに少なくとも民間人59人が死亡した。
2023/04/17 Reuters

首相辞任のスーダン、米が文民統治の継続呼び掛け

[ハルツーム 3日 ロイター] - 米国務省は、スーダンの文民出身のハムドク首相が復職後6週間で辞意を表明したことを受け、同国の指導者に文民統治の継続と軍への抗議デモ参加者への弾圧停止を求めた。 スーダンでは昨年10月に軍がクーデターを起こしハムドク首相は自宅軟禁に置かれた。軍と合意を結び11月に復職したが、各派の意向をまとめられず政権を樹立できなかった。 現地ではクーデター以降、軍への抗議活動が
2022/01/04 Reuters

韓国の全斗煥元大統領が死去、90歳 クーデター後軍独裁体制

[ソウル 23日 ロイター] - 韓国の全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領が23日、ソウル市の自宅で死去した。90歳だった。元報道官が明らかにした。 軍人出身の全氏は1979年にクーデターを起こして実権を掌握し、80年に光州で活発化した民主化運動を、軍を投入して弾圧した。その後、大統領に就任、8年間の軍事独裁体制は政治的弾圧とともに経済の繁栄ももたらした。 退任後は、クーデターへの関与で、先月に
2021/11/23 Reuters

ミャンマーの日系企業 多くは撤退計画なく情勢見極め 国軍と提携解消する企業も

中共ウィルスの感染拡大とミャンマー国軍によるクーデターが同国で事業を行っている外国企業にかなり影響を与えた。それを評価するために、2021年4月に在ミャンマー外国商工会議所がアンケート調査を実施した。同調査は匿名で行われ、日系企業を含む外資企業や地元企業、合計372社が回答した。
2021/06/21

ミャンマー国軍非難決議が衆議院で可決 「国軍体制に正当性なし」

8日、衆議院本会議で「ミャンマーにおける軍事クーデターを非難し、民主的な政治体制の早期回復を求める決議案」が採択された。ミャンマー国軍によるクーデターは「民主化への努力と期待を踏みにじるもの」であり、「国軍による現体制の正当性は全く認められない」と強く非難した。
2021/06/08

ミャンマー弾圧で華僑も犠牲に、遺族「中国を恨んでいる」 東南アジア諸国華僑が共鳴

ロイター通信によると、ミャンマーの人権団体「政治犯支援協会(AAPP)」は29日、2月クーデターが発生して以来、国軍の治安部隊による武力鎮圧で、抗議デモの参加者や一般市民が510人以上死亡した。
2021/03/31

中国軍需企業5社がミャンマー軍に武器提供 民間団体が報告書

ミャンマーの民間団体ジャスティス・フォー・ミャンマー(Justice for Myanmar)の最新報告書は、中国企業がミャンマー国軍に兵器とその関連備品を提供していると述べた。中国政府はこの主張を公式に否定した。一方、ネットに流出した動画には17日の夜、中国語を話す軍人の姿が映っている。
2021/02/22

ミャンマー軍の背後に見え隠れする「赤い影」 日米は対応迫られる

2月1日、ミャンマー軍はクーデターで政権を転覆させ、権力を掌握した。アジア最後のフロンティアとして全世界から期待を寄せられていただけに衝撃も大きかった。事件の全容はいまだ明らかになっていないが、時事評論家の陳破空氏は中国の関与があったと見ている。クーデターは新しく誕生したバイデン政権にとって大きな試練であると同時に、密接な商業的関係がある日本も困難なかじ取りを迫られている。
2021/02/10

選挙システムが攻撃される中、アメリカ人は声を上げる必要がある

2020年12月2日、ドナルド・トランプ大統領は演説を行い、2020年の大統領選挙における不正行為の一部について詳述した。「大統領として、私には米国の法律と憲法を守る以上に大きな義務はない。だからこそ私は現在、組織的な攻撃に晒されている我が国の選挙制度を守る決意がある」と述べた。
2020/12/06

米民主党の大統領弾劾、倒閣運動の一環=元下院議長ギングリッチ氏

米国の元下院議員で大学教授ニュート・ギングリッチ(Newt Gingrich)氏は、10月10日の保守系メディア・FOXニュースのフォックスに出演し、トランプに対する民主党の弾劾キャンペーンは、大統領の退任を望む倒閣運動であると述べた。
2019/10/11

中国当局、孫政才氏を収賄罪で起訴 「政治的野心が膨張」

中国の最高人民検察院はこのほど、孫政才・前重慶市党委員会(党委)書記(54)をめぐる汚職事件の捜査を終結し、身柄を天津市人民検察院に移送すると明らかにした。天津市人民検察院第1分院は13日、孫氏を収賄罪で起訴した。
2018/02/15

ジンバブエクーデターに中国の影 軍司令官が5日前に訪中

アフリカ南部ジンバブエでは15日未明、軍当局が首都ハラレの政府施設、議会への道を封鎖し、国営放送局を占拠し、クーデターを起こしたとみられる。ロイター通信などによると、ガベだ大統領と親族らは自宅軟禁下に置かれた。同国チウェンガ国軍司令官(61)は10日に中国訪問したばかりだ。専門家は、ムガベ大統領に不満を持つ中国習近平政権が、ジンバブエ軍当局に対してクーデターを容認した可能性が高いとの見解を示した。
2017/11/17

孫政才氏失脚の理由、「反習勢力に関わった可能性」=中国問題専門家

在米中国政治評論家の陳破空氏は9月30日米コロンビア大学で東アジア研究所で開かれた中国党大会に関するフォーラムに出席した。陳氏は、7月下旬「重大な規律違反」として失脚となった孫政才・前重慶市党委員会書記について、「クーデターを企てた、または参与したことが原因で失脚したのでは」と発言した。
2017/10/05

19大前最大の危険要素は「暗殺とクーデター」=専門家分析

来月18日、第19回共産党全国大会が、北京でいよいよ開催される。中国の政界にまたもや大嵐が吹き荒れるのか、それとも現政権が穏便に開幕を迎えるのか。カナダ在住の時事評論家、文昭氏が分析した。
2017/09/28

「江派が政治的陰謀、クーデターを画策」習政権、元日に批判

習政権は元日、反対勢力である江沢民派の政治的陰謀があったことに触れ、厳しく批判した。 また、昨年10月に別の機関紙でも、江沢民派によるクーデター計画について一部公開し、首謀者とみられる周永康・前共産党政治局常務委員を名指しで猛烈に非難した。
2017/01/04

トルコ政府、クーデター後の取り締まり 6千人を拘束

トルコ政府は18日、軍の一部によるクーデター未遂をめぐって、6000人を拘束・取り調べしていることを明らかにした。ボズダ―法務大臣によると、なかには3人の将軍クラスと数百人の兵士がふくまれるという。
2016/07/18

習近平の妻、暗殺未遂か 警察幹部が両会前に逮捕

北京がもっとも社会の動きに「敏感」になる、中国共産党全国人民代表大会と中国人民政治協商会(両会)の開催前、1人の武装警察の幹部が逮捕されていた。容疑は、習近平主席の妻・彭麗媛氏に対する暗殺未遂だという。
2016/03/21

故「中共元老」大将の息子、習近平に公開状 独裁政治の終結呼びかけ

中国共産党元老の一人で、毛沢東の忠実な臣下とされた故・羅瑞卿大将の息子が12月3日、香港メディア「アップルデイリー」に、共産党による独裁政権を終わらせるよう習近平国家主席に訴える公開状を発表した。
2015/12/11

北朝鮮、金正恩第1書記専用機 北京に出現?

【大紀元日本10月8日】「北朝鮮でクーデターが発生した。現在、金正恩第1書記は軟禁されている」という、うわさが広まる中、中国人ネットユーザーが8日、北京で金正恩第1書記専用機を目撃した情報を写真付きで
2014/10/08

【フォトニュース】エジプト、大統領失脚後も衝突続く

【大紀元日本7月8日】軍部のクーデターにより、事実上、モルシ元大統領の失脚が決まったエジプトでは、5日もモルシ派と反対派の衝突が各地で発生し、この日だけで、少なくとも17人が死亡した。 今回の退任劇に
2013/07/08

【フォトニュース】エジプトで軍部がクーデター、大統領失脚

【大紀元日本7月4日】大統領支持派と反対派の間で激しい対立が続くエジプトで、3日(日本時間の4日未明)、軍部によるクーデターが発生し、軍トップのシーシー国防相は、アドリー・マンスール最高憲法裁判所長官
2013/07/04

3月の北京クーデターの一部始終を暴露=香港誌

【大紀元日本7月3日】重慶市元トップ薄煕来氏の解任に絡み、3月にミニブログを中心に「北京で銃声が聞こえた」、「北京でクーデターが起きた」とのうわさが広まった。当時、当局は「デマの流布」で6人を逮捕し、
2012/07/03