THE EPOCH TIMES

ことし脱北した北朝鮮の兵士、炭疽菌抗体を保有=韓国情報局

2017年12月28日 14時00分

韓国情報局の関係者によると、ことし韓国に亡命した北朝鮮の兵士1人は、生物兵器に指定されている炭疽(たんそ)菌に対応する抗体を持っていることを明かした。この兵士の抗体が、ワクチン接種または炭疽菌の感染によるものかは判明していない。

韓国「チャンネルA」26日に出演した匿名の韓国情報局関係者によると、兵士が瀕死状態で炭疽菌に対する免疫能力を発揮したことを確認した。兵士の氏名や脱北した日付は明かされていない。

炭疽菌は土壌中の常在細菌であるが、家畜やヒトに感染して炭疽(症)を発症させる。しかし第2次世界大戦以後は、各国の軍事機関で生物兵器として研究している。炭疽菌を肺から吸入すれば、抗生物質の投与かワクチンを摂取していない限り、90%の確率で死亡する。

炭疽菌を使用した、未遂を含むテロ事件が実際に日本や米国で起きている。1993年、東京都江東区亀戸では、オウム真理教が起こした生物兵器テロ未遂事件が発生。2001年、米国同時多発テロ「9.11」のわずか一週間後、大手テレビ局や出版社、上院議員に対し、炭疽菌が封入された容器の入った封筒が送りつけられた。炭疽菌の感染により、5人が肺炭疽を発症し死亡、17人が負傷した。

生物兵器の使用は戦闘前か初期段階で=米ハーバード大学研究機関

北朝鮮は、朝鮮人民軍810部隊の傘下組織である平壌生物学技術研究院(2015年設立)で、生物兵器を開発しているとの疑惑がある。同研究所には9月、金正恩・朝鮮労働党委員長が視察している。3階建ての研究施設にある温室や試験場で、トウモロコシや稲など試験農作物を見て回る写真が、 朝鮮中央通信より公開されている。専門家は、農業分野に使われる設備が、生物兵器をつくる施設になりうると分析している。

北朝鮮、炭そ菌など30種類保有、人で運ぶ戦略も=米韓研究

9月、金正恩・朝鮮労働党委員長が、朝鮮人民軍810部隊の傘下組織である平壌生物学技術研究院(2015年設立)を視察している。朝鮮中央通信が公開(STR/AFP/Getty Images)
関連キーワード

関連特集

^