THE EPOCH TIMES
日中関係

成田空港騒ぎ、北京「火消し」に躍起 ちらつく日本懐柔策

2018年02月01日 16時24分

日本の成田空港で1月24日夜、格安航空会社(LCC)の上海行の便が欠航になり、一部の中国人乗客がLCC側の「対応不備」に強く抗議し、逮捕者の出る騒動を起こした。中国国内では反日ムードが一気に高まったが、「火消し」に奔走したのは中国政府だった。素早い鎮静化への動きには、中国主導の大規模経済圏構想「一帯一路」において、日本政府の協力を引き出すことを見越した、北京の懐柔戦略がちらつく。

成田空港、LCC欠航で苛立った中国人乗客が暴れる 傷害容疑で1人逮捕

反日モードすぐ終了 批判の矛先は中国人客に

日本の成田空港で1月24日夜、日系格安航空会社(LCC)ジェットスターの東京発上海行きの便が、到着地の悪天候により欠航になったため、搭乗予定の中国人搭乗客約100人が、空港内で足止めとなった。複数のメディアによると、航空会社による待遇不備に怒った一部の中国人客が抗議し、中国国歌を歌うなどの騒動を起こした。中国人の男1人が、航空会社職員に対する傷害と暴行の容疑で逮捕された。

この成田空港騒動は中国国内で大きく取り上げられた。「参考消息」や「新京報」、「環球時報」など官製メディアが1月26日、相次いで中国人客の言い分を引用した記事を掲載した。報道に煽られ、ネットの書き込みからは反日感情の高まりが見られた。

しかし、この反日モードは一日足らずで終了。中国当局が「火消し」に乗り出したのだ。ほぼ同時にメディアも速やかに方向転換し、批判の矛先を中国人客の身に向けた。

中国外交部(外務省)は1月31日、格安航空会社(LCC)を利用して海外旅行する中国人観光客に対し、契約内容を確認し、航空会社に過度な要求をしないよう注意喚起した。

在日中国大使館の王軍・参事官兼総領事はメディアの取材で、騒動の発生は日本側には中国語通訳を適時に用意しなかったのが「妥当性を欠く」とする以外、規則違反とみられる行為が一切なかったと話した。

「日本の警察が中国人を不当に扱った」と報じたばかりの中国共産党機関紙「環球時報」も慌ててスタンスを変え、中国外務省領事保護センターの趙岩参事官の話を引用し、中国人乗客らが国歌を歌うことで航空会社とのトラブルを解決しようとするのは「明らかに適切でない」「民族間対立や紛争を招きかねない」と伝えた。

国営テレビ局・中国中央テレビ(CCTV)は中国人乗客らに「被害妄想的」にならないよう忠告し、国歌を歌って抗議するのが「全国民の感情を利用し、私的な怨恨を晴らそうとするのは一種の病気だ」と強く批判した。

官製マスコミに翻弄される「愛国」「反日」感情

関連キーワード
^