THE EPOCH TIMES

母親のiPhoneを47年間ロック 恐るべし2歳児

2018年03月19日 10時01分

iPhoneを幼い子どもにいじらせるのは非常に危険なことだ。中国の上海に住む2歳の子どもが、母親のiPhoneに間違ったパスコードを繰り返し入力した後、iPhoneは2500万分間ロックされてしまった。

この母親はいつも、ぐずる息子を落ち着かせるためにiPhoneで動画を見せていた。その日は携帯電話を持たずに外出した。留守番をするおじいさんは泣き止まない子どもにiPhoneを渡した。子どもはiPhoneにパスコードを入力し解除を試みた。

iPhoneには、誤ったパスコードが入力された後にロックアウト期間を設定できる機能がある。失敗を重ねると、ロックアウト期間が自動的に増えていく。気づいたら、「25,114,984分後に試してください」とのメッセージが表示されていた。およそ47年後になる。

彼女はロックが解除されるまで47年間待つか、メーカーに設定をリセットしてもらうかになったという。

サウスチャイナ・モーニングポストによると、 母親は「47年後、孫にあなたの父親のミスだったと言うよ」 と冗談を言った。

上海のアップルストアの技術者は、この長年ロック状態になったら、すべてのファイルを再インストールする必要があるという。母親は大事な資料が保存されているため、再インストールは望んでいない。

しかし数日後に、奇跡が起きた。なんとパスワードを入力する画面が表示された。母親が恐る恐る入力すると、iPhoneは再び操作可能になったという。

ある業界に詳しいネットユーザーは、数日間で電源が切れ、再び起動したとき、iPhoneが機内モードで起動、ネットワークがない状態で復活したため、このような長年ロックになったのかもしれないと推測した。

(翻訳編集・李沐恩)

関連キーワード
^