THE EPOCH TIMES
米朝首脳会談

[速報]トランプ大統領、北朝鮮の安全保障を約束=米朝合意

2018年06月12日 16時07分

6月12日、シンガポール南部のセントーサ島の高級ホテルで、トランプ大統領と金正恩・朝鮮労働党委員長による、史上初の米朝首脳会談が行われた。会談後、両国首脳は朝鮮半島の完全な非核化と平和構築に合意する文書に署名した。

トランプ大統領は、金正恩委員長の朝鮮半島の完全なる非核化という「堅いゆるぎない意思」を確認したとして、北朝鮮の安全保障を約束した。

合意文書には、「新しい米朝関係において、両国の人々の望む富と繁栄に向けコミットしていく」「金正恩委員長と朝鮮民主主義人民共和国は、平和と繁栄、朝鮮半島と世界の安全に向けた、米朝の新たな関係構築に協力する」「板門店宣言を再確認して、非核化に取り組む」「朝鮮戦争で戦死した兵士の遺体の引渡し」などの文言が記された。

トランプ大統領は、金正恩氏をホワイトハウスに招待すると述べた。今回の会談は米朝関係のスタートとして、継続的な対話が予想される。ポンペオ国務長官は署名について「(米朝の)新しい関係が始まる」とSNSで発表した。

首脳会議は10時から通訳を交え40分程度。昼には実務昼食会を挟み、首脳会談は13時半ごろに終了した。金正恩氏は14時に平壌行きの飛行機で帰路に就くと報じられていたが、変更された模様。トランプ大統領は同日夜に米国へ戻る予定。

首脳会見前、両者はメディアの取材に応じた。トランプ大統領は「素晴らしい議論をし、最高の関係を築こう。嘘はない」と語った。金正恩氏は「ここまでくる道はそれほど楽な道ではなかった。我々には足を引っ張る過去があり、誤った偏見と慣行が時に我々の目と耳をふさいでいたが、すべてを克服してここまで来た」と述べると、大統領は「それはいい」と手を差し伸べ、握手を交わした。

会談会場を出た後、トランプ大統領は「我々は非常に良好な関係だ」とコメントした。昼の拡大協議(ワーキングランチ)では、米側はポンペオ国務長官、ケリー大統領首席補佐官、ボルトン大統領補佐官(安全保障担当)、北朝鮮側は金英哲(キム・ヨンチョル)党副委員長、李洙墉(リ・スヨン)党副委員長、李容浩(リ・ヨンホ)外交部長がそれぞれ加わった。

(編集・佐渡道世)

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^