国際組織が香港大紀元の印刷差し止め事件を調査

2005/05/14 18:30
 【大紀元5月14日】「法輪功への迫害を追及する国際組織」(以下、国際組織)が確認したところによると、香港『大紀元時報』の印刷を請け負っている印刷所が、中共の脅迫によって、2005年5月14日をもって当該新聞の印刷を停止することになり、香港『大紀元時報』は危機に直面している。これまでの調査で、これは中共上層部の指示を受けた公安部が直接関与し、中共が香港に送り込んだスパイに行わせた妨害破壊行為であることが明らかとなったことから、同組織はこの事件を立件し、関係する責任者に対する調査を始めた。

 『大紀元時報』は、中共のコントロールと影響を受けていない数少ない海外の中文独立メディアで、公正に真実を伝え、言うべきことを言うメディアとして知られている。同メディアは、法輪功迫害、SARS、香港の23条、台湾問題、民間の人権擁護運動、宗教迫害、中国の金融危機などに関し、深く掘り下げた詳細かつ正確な報道によって、中共の嘘を暴き、情報封鎖を突破し、内外の多くの人々に真相を伝えている。とりわけ、『大紀元時報』が社説「共産党に関する九つの論評」を発表して以来、中国では大規模な共産党脱党のうねりが起こり、それに恐れをなした中共が、『大紀元時報』への妨害と弾圧をいっそう強めたものと見られる。香港が置かれている特殊な立場から、中共の香港『大紀元時報』に対する妨害と弾圧はとりわけ甚だしいものとなっている。

 「国際組織」の調査によると、『大紀元時報』等の真実をありのままに伝えている独立メディアに対する破壊と弾圧は、長期的かつ系統的で、念入りな画策を経て行われている。2004年10月下旬、中国公安部26局は、劉京(公安部副部長、中共中央の610部局(法輪功弾圧専任政府機関)の実質的な責任者)の指図の下、深圳で、北京、天津、上海、山東、広東、江蘇、陝西、湖南、安徽の9つの省と市の公安庁と610部局の主任級幹部を召集し、密かに『大紀元時報』『新唐人テレビ局』『希望の声放送局』に対する妨害破壊策を画策し、それを遂行するために大量の人力と物力、財力を投入した。

 また、同調査によると、香港『大紀元時報』が中共にとって最も重要な妨害破壊目標であり、中共公安部は、その目的達成のために、大量のスパイを香港に送り込み、卑劣な手段で特定の人を脅迫して味方に引き入れ、大紀元内部にもぐりこんで情報を収集し、内部に矛盾を作り出すことによって、『大紀元時報』の影響力を弱めようと企てたことが明らかとなった。今回印刷所を脅して香港『大紀元時報』の印刷を停止させた事件はまたしても、中共スパイの仕業であり、正義の声を封鎖するために中共が犯した悪事であった。

 「国際組織」は、今回の香港『大紀元時報』印刷停止事件を立件・調査して黒幕を探し出し、関係者の法的責任を追及しようとしている。同組織はまた、中共にスパイ行為を強要されている人たちに、すぐさま一切の妨害破壊行為を停止し、適時に同組織に連絡を取って、中共が犯した数々の悪事を報告するよう通告した。

【補記】

 「国際組織」の調査によると、『大紀元時報』等のメディアへの妨害破壊行為に関し、その画策に参与し実行した中国公安部と9つの省と市の公安局の主要関係者は次の通りである。

劉京:中国公安部副部長、中共中央610部局の実質的な責任者
張越:公安部26局局長、『大紀元時報』への妨害破壊行為を指示手配
陳斌:公安部26局副局長、『大紀元時報』への破壊策を画策
張憲林:北京市公安局610部局主任
趙月増:天津市公安局610部局主任、香港スパイの中核を育成し派遣
李根林:上海市公安局610部局主任
儲成林:江蘇省公安庁610部局主任
楊丙炎:湖南省公安庁610部局主任
張志明:安徽省公安庁610部局主任
盤展欣:広東省公安庁610部局主任
董宗芳:山東省公安庁610部局主任
王志謀:陝西省公安庁610部局主任
関連記事
注目記事
^