鳥インフルエンザウイルス、WHOの呼びかけに北京は無反応

2005/07/24 03:44
 【大紀元日本7月24日】新唐人テレビ局の報道によると、南に戻る渡り鳥が鳥インフルエンザウイルスを他国に伝播する可能性があるとして、WHO(世界保健機構)は、北京当局に鳥ウイルスの資料提供を強く求めている。中国側からはまだ返答がないという。

 WHO北京事務所のスポークスマンは、鳥インフルエンザが発生した中国西北の新疆ウィグル自治区への専門家派遣を許可するよう北京政府に要望したが、未だに回答を得ていないという。

 8月には多くの渡り鳥が移動するため、中国の鳥は南へ向かう途中、沿線のインド、オーストラリア、ニュージーランド、ヨーロッパまでウィルスを伝播する可能性があると専門家は警告した。WHOは既に、毎月の例会で中国政府にこの懸念を伝えたが、中国側からまだ返答がないという。

 中国側の非協力的な姿勢に対して、国内の感染状況が予想以上に深刻である可能性があると、専門家は分析する。

 また、BBCの報道によると、日本が中国山東省から輸入した冷凍鴨肉からH5N1ウイルスを発見したという。これで、鳥インフルエンザの他国への伝播はついに現実となった。

関連特集

関連記事
注目記事
^