ロンドン北部の石油貯蔵所で連続爆発

2005年12月12日 13時58分
 【大紀元日本12月12日】英国ロンドン空港北部40キロを離れたハートフォートシャー州のヘメルヘムステッドにあるバンスフィールド石油貯蔵所で、現地時間11日午前6時ころ(日本時間同日午後3時ころ)に連続爆発が発生した。36人が負傷、うち2人が重傷と地元警察当局は発表した。AFP通信が伝えた。

 目撃者によると、連続爆発音はロンドン郊外まで響き、90メートルくらいの大きなオレンジ色の火の玉が見えたという。警察当局は、鎮火するまであと数回の爆発があると予想している。

 バンスフィールド石油貯蔵所から約20キロを離れた専用機発着用のルートン空港及び近くの高速道路では、爆発後、一部地区は通行止めされた。

 警察当局は同爆発をテロとは無関係と判断し、事故として
(AFP/Getty Images)

調査を進めているという。

関連キーワード
^